スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数6,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

【ゴールデンウィークの休業日】
5/3(水)~7(日)をお休みとさせていただきます。
作業予約はお早めに。

LCB

ワークスAT 続編 3in1エキマニはやっぱり速かった

曽根です。


ノーマル排気量のオートマに、『キャブ車の純レース用』 3in1エキマニはやっぱり太すぎたか・・

何とかならんか・・・・ 

続編です。

BlogPaint

エキマニが太すぎて排気の流速が上がらないのか・・・

抜けすぎるのか・・・

まぁ、とにかくたくさんの排気ガスを外に出せればその分空気を吸うんだからな。

静電気が邪魔してるってこともあるかもな。。 半分は神頼みで放電ナット作戦やってみよう。。

先日のTBCCではエキマニからの排気漏れがひどくなるまでは、直前にやったマフラーの放電作戦のおかげか直線の伸びもあって絶好調だったからね。。。


CIMG5240

マニーホールドの取付スタッドボルトにインジェクター放電ナットを付けてみる。。

CIMG5238

ポートからエキマニのジョイント部分は異金属だし、流速あるし静電気が排出の邪魔してる可能性大。。

CIMG5239

吸気、排気両方に掛かるように3個取付けてみた。。。

CIMG5241

今回取り付けた3in1エキマニにもバンド式放電ナット。。

CIMG5242

エキマニが集合している部分で気流がぶつかり合って抵抗になり易いところは

放電で効果が出そうなところ。。

CIMG5243

ここは放電ナットじゃなくて、ステンレスの針金でアーシングしてみた。。。

CIMG5244

夜の中央高速で全開テストしながら帰ろっと。。。。

BlogPaint

4速5800rpmまで。  

十分速いけど、やっぱりもう少し高回転での今一つパンチが欲しい。。

SFRで燃圧をだいぶ落して薄くしたので空燃比は12くらい。。。

上の伸びの悪さはなんとなく燃料の濃さだけじゃないような気がする。。





翌朝出勤中。

CIMG5246

今朝もなかなかエンジン掛からなくて困りました。。。

掛かってしまえばそれほど気にならないんだけどね。



CIMG5247

油温は68℃   水温は・・・・??59℃  

これはおかしい。。

CIMG5266

もう15分以上走ってるし、水温が油温より低いのはおかしいぞ。。。

いつもなら数分で88~90℃まで上がって安定しているはず。。。

そういえば昨晩のテスト走行は夜でミニモニが暗くて水温チェックし損なってました。。。。

こりゃ、水温センサーがダメかも。

水温センサーが固定値の59℃じゃ始動の時は燃調薄すぎるし、

実際の水温が上がってもECUはまだ暖機運転中だと思って燃料濃くしちゃってるんだなぁ~。。

朝の始動製が悪いのも納得。。。






水温センサー交換してみよう。

BlogPaint

前回キャブ用のエキマニを取り付ける時にインマニのヒーターパイプをカットしちゃって水が通ってないので

水温センサーを外付けにしてあるので交換は楽チン。。


BlogPaint

交換完了。。。


CIMG5270

おぉ、水温はバッチリ90℃


CIMG5274

おいおい、全然違うぞ。。。 


BlogPaint

6000rpm前後まで負荷かけて引っ張ってみる。。。

CIMG5286

先日、SFR燃圧下げる方向で調整したので

温度が正確になってその分燃調は薄くなってます。

CIMG5276

テスト走行しながら、路肩に止めて

BlogPaint

何度もSFR再調整。。。。

以前のセッティングよりもかなり燃料を欲しがってます。。。

水温センサー異常で、水温上がっても暖機運転の状態で、その時は燃調だけじゃなく

きっと点火時期もだいぶ遅くなってパンチがなかったんですね。

点火時期も適正になったら、全域にわたってパンチが出てきました!!


CIMG5278

SFR調整で燃圧を上げて全負荷時の燃調を12.5前後を狙ったら

アイドリングでの燃圧もこんなに高くなってしまいました。。。。

前のスリーブランチのエキマニ以上に空気を吸い込むようになったことは確かです。。。


CIMG5275

さらに中低速トルクも出てきちゃいました。。。。

ちょっとビックリ。。   

CIMG5287

太すぎてダメかとあきらめかけた3in1ラージボアエキマニでしたがこれならイケそう

お試しは4月23日 筑波でのトラックディです。。

ちょっと楽しみです。





にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002




ワークスAT 排気漏れ修理のついでにエキマニ換えて速くなるつもりが・・・

曽根です。


3月のTBCC は後半エキマニからの排気漏れの失速で

MINI部門入賞にあと一歩及ばず・・・いうところで終わりました。

マニホールドパッキン交換するのですが、試したいエキマニがありまして・・・・

CIMG4811

前回同様、リヤライズさんにお願いしてセラコート加工してもらいました。

CIMG4812

今までのは、1000ccクーパーのオリジナルマニホールドを参考に作ったといわれるスリーブランチでした。

INJオートマ車のライトチューンでパワー的には1000ccチューニングに及ばないくらいなので

このスモールボアでちょうど良かったのでしょうが、

今回選んだエキマニは、純レース用という硬派なビッグボアで3in1タイプ

O2センサーホールも無いキャブチューン用のハードなヤツです。 

低中回転が犠牲になるかもしれないけど、リミッターギリギリの高回転でのパワーアップ期待!

次はリベンジだ

SBoM第1戦 は ストミニ編集部からの本気の刺客 廣江さんには負けちゃいました。

テクニックではかなわないので直線勝負・・でいくしかない私はモアパワ~。。

インジェクションクラスでも速い方の『スプリントクラス』に入ってしまった二人ですが、

12人中11番、12番というビリから1-2。。

6等賞まで表彰してくれる大盤振舞のSBoMですが、前に立ちはだかる6人の前に出るには

1分13秒台で走らないとならないんです・・・・ あぁ~あ

廣江さんは2秒短縮作戦で次回は本気で13秒台狙えるみたいだし。。

など、アレコレ考えているうちに、イチかバチかでレース用3in1エキマニを選んだのでした。


BlogPaint

太いので断熱はキチッとやって排気温度ができるだけ下がらないようにして流速確保したいところ。。

外側はもちろん、内側もセラコートでしっかり断熱。。 

CIMG4842

バンデージも巻きます。。  




じゃ 今までのエキマニ取り外し開始。。。

CIMG0854


CIMG4843

今までのスリーブランチ型のエキマニは、下に抜けてくるところは1本になってるので

下から見るとスッキリでした。


CIMG4851

スロットルボディ外します。

CIMG4853

バンデージで巻いたエキマニの上にさらに断熱のゴザ(笑)

このおかげでレース後半でのタレは解消したので効果ありでした。


CIMG4856

このスリーブランチのエキマニは一体型なんで入れる時も大変だったけど

抜くときもたいへん。。。


CIMG4859

下から見たところ。。  このパイプがもう少し短ければなぁ・・・

CIMG0861

切っちゃおうかな。。。

CIMG4862

CIMG4863

切っちゃいました。


CIMG4864

2,3番のエキゾーストポートからしっかり排気漏れしてた跡がありました。

CIMG4865


CIMG0853

3in1エキマニ取付中。

CIMG4868

ミッションの後ろまで3本のまま。。 うーん太いね。

CIMG4872

こんな感じ。。

CIMG4871

とりあえずエンジン掛けてエキマニに巻いたバンデージに熱を入れました。。。

CIMG4876

あっ、今までのエキマニと太さが全然違うんで、フロントパイプとのジョイントもこんなにブカブカ(笑)

CIMG4874

しかも 空燃比計のO2センサー取付用アダプターとフロアの隙間が狭くて・・・

CIMG4877

O2センサーが入りません。。。

CIMG0891

そこで、助っ人の鈑金屋さん

CIMG0890

このパイプをエキマニと付けるのと、O2センサーが取り付けられるようにフロアを鈑金してください。。

DSCN5225

だいたい、この辺りでジョイントしたい。。

DSCN5226

少しでも排気抵抗を減らすようにフロントパイプ側を広げて・・

DSCN5227

こんな感じで繋げます。

DSCN5228

合体。

DSCN5230


CIMG5159

フロアを大きく凹ましてもらって空燃比計のO2センサーも取付けられました。

CIMG5154

オートマのシフティングケーブルの取り回しを高宮君に変更してもらって

CIMG5156

3in1エキマニとA/Fセンサー取付け完了。。。

CIMG5150

よしよし、これでどんだけ速くなるか。。。。 お楽しみ。。

CIMG5162

夜になってからテスト走行。。。

どのくらい空気が余計に入るようになったか楽しみにA/F計を見ながら走行開始・・・・・


BlogPaint

あれれれぇぇぇぇぇ・・・・

全負荷で6000rpm~リミットの6700rpmで、

今まで12.5前後だった空燃比が11.2~11.7・・・・・

空気がいっぱい入って空燃比はもっと薄くなるはずだったのに濃くなっちゃった。

前より空気を吸えてないじゃん

やっぱり太すぎたか・・・  

流速が上がらずに結局抜けてないってことか。。


CIMG5166

SFRを調整して燃圧落とすことに・・・・トホホ

CIMG5169

アイドリングの燃圧も0.1kg落として、

CIMG5170

アイドリングでの空燃比は16あたりまで薄くなりました。

CIMG5173

走行フィーリングも上の方でのパンチが減ったなぁ。。

CIMG5172

うーん。。

CIMG5167

エキマニの太さは、過ぎたるは及ばざるがごとし・・・。

さぁ、どーする?



続編はこちら・・・・・・

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



FNM様 今回はLCBでパワーアーップ!!! &ショックチューン

( ´ー‘)ゞ もうそろそろお花見まで秒読み?今年はどこに花見行こうか悩み中の石川です。 

前回車高調整したFNM様がご来店ですヽ( ´ー`)ノ


BlogPaint

 
今まで降っていた雨がやみましたねー。
ひょっとして晴れ男?


BlogPaint


「そんな事よりあそこに怪しい人影が。」 


CIMG0990
 

おや?オートマ団長!
そんなに跳ねたらまた足首がグキッてなりますよ?(笑)


BlogPaint


早速クルセイダー選手のミニ発見。
「あぁー!これどーしたの?」

カクカクシカジカ。なるほどね~


CIMG0991
 

もうこのメンバーが集まると熱いミニトークバトルが始まります(笑)
今回FNM様は何をしますか?


CIMG1004
 

「ふっふっふ。ステレオ外してBluetoothスピーカーにしちゃった。」
軽量化ですね!


CIMG1005


そうじゃなくて。
今回は自宅のお風呂で巻き巻きしたLCBの取付です。

マニフローのLCBをお風呂で・・・・ヽ( ´ー`)ノ 


CIMG1006
 

マメが出来ちゃった。
どうせならアーモンドやカシューナッツが出来れば良かったのにとFNM様。


BlogPaint

 
オートマ団長の裏骨無しのカーボンボンネットに興味津々。


BlogPaint

 
「んじゃー完成したら 連絡ちょーだいね。」
承知しました(`・ω・´)ゞ

作業完了までしばらくお待ち下さい。

==============================

4月3日追記 担当は高宮です。

FNM様、本日はLCBの取り付けです。

DSCF5472

FNM様が、手にマメを作って、努力した結晶がここに!

BlogPaint

この辺り一帯を取り外していきます。

BlogPaint

取り外した元のマフラーです。

鋳物EXマニとダウンパイプはお役御免です。

DSCF5759

DSCF5757

取り付け前に古いガスケットを剥がしていきます。

DSCF5760

綺麗に剥がせました。

面の荒れも無いのでオイルストーンは軽くあてました。

CIMG1227

さー付けるぞ!

DSCF5764

バンテージを巻くとYパイプと2番3番のパイプが緩衝することも有るのですが、緩衝は有りません。

DSCF5769

インテークマニホールドを取り付ける前に、水温センサーを交換しておきます。

DSCF5773

上側はなかなかレーシングな感じが出て来てます。

DSCF5776

集合Y管を付けて・・・・・。

DSCF5775

マフラーを仮留です。

マフラーが少し傾いているので、修正しておきますね。

本日はここまでです。

====================================================

4月6日追記 担当は高宮です。

DSCF5963

お待たせしております。

本日はインテーク回りを戻していきます。

スロットルバルブの回りが大分汚れてきていますね。

DSCF5966

こういう作業でないとなかなか掃除できないので汚れは取っておきました。

今度のつくばで、少しは吸入に貢献できるかな?

DSCF5969

DSCF5975

HKSのエアクリーナーとショックアブソーバーにインジェクターナットを取り付けます。

DSCF6029

DSCF5980

エンジンがかかるようになったので、交換した水温センサーのチェックです。

ミニモニ89℃での表示が、水温計の真ん中より少し下辺り、表示は良好です。

残る作業は追加でご注文頂きましたA/Fの取り付けを残すのみです。

FNM様もう少しご辛抱ください。

==============================

4月7日追記 担当は高宮です。

昨日の夜にFNM様からA/Fの部品をお預かりしましたので、本日は取り付け作業を開始します。

CIMG5142

マフラーを分解していきます。

耐熱シールはまだ固まっていなかったので、分解が楽にできました。

DSCF6059

まずはA/Fのセンサーフランジを取り付けるためにマフラーを分解して割り込ませます。

DSCF6060

DSCF6066

A/Fセンサーの配線はサービスホールから潜りこませます。

水の侵入を防ぐためシールも流しておきます。

DSCF6067

メーターの取り付けはFNM様に確認済みです。

DSCF6069

ユニット本体の取り付け位置はクーラーの吹き出し口の真下です。

CIMG5146

DSCF6075

エンジンルームのヒューズBOXに回線を繋ぎ込んでいきます。

DSCF6072

無事取り付けが完了です。

DSCF6073

ポジションランプのスイッチで緑に切り替わります。

勿論白ののままにも出来ます。

FNM様5月のつくばに間に合いました。

少し乗ってA/Fメーターの動きに慣れてください。

作業は完了です。

ご来店をお待ちしております。


☆■☆ 4/8 石川の追記です。 ☆■☆


CIMG1489


FNM様ご来店ですヽ( ´ー`)ノ


CIMG1523


本日初来店のIMI様やる気満々オーラ抜群のミニに早速吸い込まれていきます(笑)


BlogPaint


A/F計確認の為に試乗チェック!
目の前でピコピコ動くメーターは可愛いですね♪


CIMG1528


「少し燃料増量したい!」
っと言う事で今回チョイスはこれ!

インジェクション燃料増量スプリング 5%増量ヴァージョンヽ( ´ー`)ノ

使い方は純正のレギュレタースプリングと交換するだけ。
これだけで燃料噴射量の増量が可能な夢のようなパーツ。

実はこれもいしかわ号につけようかなー?っと密かに買っておいた物です。
まぁA/F付いていないので本当に必要かわからなかったですけど(笑)


CIMG1535


LCB付けて燃料濃くして次の筑波は抜かりがないですね♪
バッチリ記録更新して表彰台登っちゃってくださいね~

ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


UN様 いよいよ本編!LCBとマフラー交換です。そしてインジゲーター不灯で再お預かりに(汗)

( ´ー‘)ゞ 三寒四温、3日お湯割りで4日ハイボールの1週間?どっちも好きな石川です。 

前回パーツを持ってきてくれたUN様が作業のためにご来店ですヽ( ´ー`)ノ


CIMG8548


一流の劇団員になるために日々鍛錬を欠かさない!
この表情もそんな鍛錬の一つ。(うそ


BlogPaint


今回LCB化するのでインマニ外す前に水路洗浄で3チェックしてからの作業になります♪


CIMG8551


しばらくはキャメルのスーパースポーツ5速MTで我慢してください(笑)

===============================

2月19日追記 担当は高宮です。

DSCF1365

ワコーズのラジエーターフラッシュを入れて、エンジンを回します。

DSCF1376

スタート時の温度です。

水温センサーは33℃、水温計は12℃です。

DSCF1379

水温センサーが60℃を超えました。

水温計は依然12℃をキープしています。

サーモスタットの密閉は良好です。

DSCF1381

水温センサーの温度が78℃に達した時温度計は急上昇し始めました。

DSCF1407

DSCF1406

水温センサーが90℃でサーモスタットが全開になりました。

ラジエーターに勢い良くクーラントが流込んでいます。

サーモスタットの密閉もよく、開弁温度も良好でした。

DSCF1411

DSCF1412

電動ファンの作動温度は99℃でした。

少し高めですが良好です。

DSCF1413

電動ファンの停止温度は97℃でした。

電動ファンの作動が99℃から97℃では2℃しかありません。

これは少し間が狭いですね。

ファンスイッチが少しボケ始めているかもしれませんね。

今後要観察ですね。

DSCF1480

水路の洗浄は終わりです。

古い冷却水をラジエーターから吸い出しました。

汚れ具合はそこそこです。

浮遊物も出てきています。

DSCF1481

水を送りながら通常の流れる順路で吸い出します。

BlogPaint

①本目は汚れと浮遊物が出てきています。

②本目は大分透き通ってきました。
汚れも浮遊物も、もう出てきていません。

ここまでで大分綺麗になりました。

DSCF1486

続いてバイパスホースを塞いで水を逆流させ、ヒーターコアの汚れを吸い出します。

DSCF1489

ヒーターコアからの汚れは大分少なく、とても綺麗な水路になりました。

健康なMINIは健康な水路からですね。

DSCF1490

ヒーターバルブに漏れがありますので交換致します。

DSCF1494

サーモハウジングのバイパスジョイントの腐食が進んでいます。

酷くならないうちに交換をお勧めいたします。

ゴムのホースには柔軟性があるので、今回はこのまま戻します。

DSCF1495

ヒーターバルブが取り付けが完了しました。

ワイヤーの引きしろが短いのでバルブが全閉から、半開きまでしか開かない状態です。

DSCF1503

アウターチューブも切れています。

錆びも酷いので新しいものに交換致します。

DSCF1498

仕上げはワコーズ クーラントブースターです。

添加するだけで冷却液の防錆・防食・消泡性能を復活させます。

本日はここまでです。

===============================

2月20日追記 担当は高宮です。

UN様お待たせしております。

本日はこれです。

DSCF1513

DSCF1514

ステンレスのLCBとマフラーの交換です。

とても綺麗でワクワクしてきます。

取り付けにも気合いが入ります。^^

DSCF1515

LCBを取り付けるにはインテーク回りを外す必要があるので、この辺り一帯を取り外していきます。

BlogPaint

付いていたエキゾーストを全て外しました。

赤丸のところが割れていて、グラグラでした。

もう少しで取れそうです。

マフラー交換にはもってこいのタイミングですね。

DSCF1520

エキゾーストに使われているボルトやナットは、高温になるので錆が出ます。

再使用するボルト、ナットは綺麗に錆を取りました。

O²センサーも取り外したEXマニホールドから回収しました。

このO²センサーはLCBに取り付けます。

DSCF1522

当然ガスケットは新品のガスケットに交換です。

DSCF1524

センターマフラーの新しいブラケットは、既に在る穴とはピッチが合わないので新規にあけます。

DSCF1527

DSCF1530

これはかっこ良いいです。

リフトアップでしか全貌が観えませんが、これはいいですね~。^^

音も良い音が出ています。

私も納車が楽しみです。

DSCF1531

インテーク回りが外れている間に、ヒーターバルブのワイヤーを交換してしまいましょう。

CIMG2746

最近大分痩せてきたのですが、腰から折れてしまいそうですw。

DSCF1533

少し写真がボケてしまいましたが、インテーク回りを戻して完成です。

DSCF1539

DSCF1540

ジョイント部に排気ガスの漏れが無いか手をかざしてチェックします。

もう大分熱いので、触らないように確認していきます。

液体ガスゲットも入れているので、漏れはありませんでした。

DSCF1541

DSCF1542

ピットからバックしているとボンネットからカチカチ音が聞こえてきました。

オルタネータ前のカバーがボンネットに少し当たっているようです。

板金ハンマーで慣らして、色を塗っておきました。

最後に少し点検しておきます。

DSCF1543

サブフレームのリヤマウントに割れが出てきています。

こちらは直ぐにではありませんが、完全に切れてしまう前に交換が必要です。

要観察ですね。

DSCF1544

エンジンサイドのタイミングカバーからオイル漏れがあります。

こちらも要観察です。

DSCF1545

左右のリバウンドバッファーがそろそろ交換時期です。

ひび割れが多く、潰れてしまっています。

ボールジョイントの上下左右に大き目のガタが出始めています。

こちらも注意が必要です。

以上で作業は終了です。

☆■☆ 2/ 21 石川の追記です。 ☆■☆


BlogPaint


本日UN様ご来店の予定。
キレイに洗車してお待ちします。


CIMG8734


ってUN様ご来店♪
交換した今までご苦労様のマフラーへ直行^^


CIMG8735


「う~ん。これはキレイにしてオブジェにしよう♪」


CIMG8736


今回の作業内容の確認です。
今朝は4時から稼働し続けているUN様が頑張ってきいております(笑)


CIMG8739


「居眠り運転しないように頑張って帰ります」
気合と眠眠打破で気をつけてお帰り下さい♪


BlogPaint


ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ




・・・・約30分後。


CIMG8742


「ウインカー点かなくなっちゃったー」

点かなくなったのはメーターの方のウインカーインジゲーター。


CIMG8741


早速点検。
バルブホルダーの接触が悪いようですが。。。

イジってたら点いちゃいました。
っと思ったらまた不灯。。。


CIMG8748


キチンと外して点検する事になりました。
折角愛機に戻れると思ったのにミラバンに逆戻り。

もうしばらくお待ち下さい。

====================================================
2月23日追記 担当は高宮です。

UN様お待たせしております。

本日はインジゲーターの点検からスタートです。

DSCF1644

センターメーターを外してウインカーインジゲーターのバルブを確認すると・・・・、

バルブに緩みが出て点かなくなっていました。

DSCF1645

ソケットの腐食や摩耗は無く状態が良いので、ソケットは交換しないで使えます。

DSCF1646

点灯を確認していますが、一応接点復活剤を散布しておきます。

DSCF1648

バルブの電極に接点グリスも付けておきます。

後は緩みが出ないように、しっかりとバルブを閉めておきますね。^^

DSCF1649

もうバルブを揺すっても途切れることなく確実に点滅しています。

DSCF1650

メーターワイヤーですが、こちらもネジが緩んで外れていました。

しっかり締め込んでおきました。

DSCF1659

全て組み上がりました。

この状態でインジゲーターと、スピードメーターの作動を確認しました。

BlogPaint

一応エンジン側のメーターケーブルも点検して、増し締めしておきました。

これでスピードメータ点検は終了です。

DSCF1665

ちょっと点検したところ、ブレーキフルードが2割程少なくなっています。

ブレーキなので、もう少し点検することにします。

DSCF1664

ブレーキマスターの回りが大分オイリーです。

漏れているのはリザーバータンクとマスター本体の間です。

マスターバックもブレーキフルードで塗装が剥がれているので、結構漏れています。

こちらは早めの交換をお勧め致します。

DSCF1667

左右のキャリパーに漏れは在りませんでした。

DSCF1670

左右のホイールシリンダーにも漏れは在りませんでした。

BlogPaint

Pバルブにも漏れは在りませんでした。

ブレーキフルードの減りは少し注意が必要です。

交換まで要観察ですね。


☆■☆ 2/ 25 石川の追記です。 ☆■☆


CIMG8807


本日再度ご来店予定なのでキレイに洗車します(`・ω・´)ゞ


CIMG8947


そして夕方ご来店♪
高宮さんと今回の整備内容のご確認。

ブレーキマスターが少し心配ですね。


CIMG8950


マスターと密談。
これは運動会へのお誘いですね?

UN様の諸事情がクリアしたら是非一緒に運動会ではっちゃけましょう♪


CIMG8951


最後はビシィーッとキメてご帰宅です^^
次はオイル交換ですか?
その時は是非SOD-1もお試しして下さい。

ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


UN様 今日はパーツのお持込み。交換は来週からお預かりですヽ( ´ー`)ノ

( ´ー‘)ゞ そろそろ春の暖かさが恋しくなったりまだまだ寒い中熱燗も美味かったり難しいお年頃の石川です。 

お天気の良い本日土曜日。UN様がご来店ですヽ( ´ー`)ノ
前回はボルト欠損の点検でご来店でした。

その後オンラインショップでPECSご購入頂いていますね^^
交換した後びっくりされたんじゃないですか?


BlogPaint


「今度はコレを付けてほしいのさっ」
おっきい荷物を持っての登場です♪


CIMG8091


箱にキチンと名前を書いておきます。
そうしないと「お?こりゃ良いのが落っこちてるな~」って持って行かれちゃいますからね(笑)

箱の中身はなんじゃろな?
来週明らかになる?


CIMG8092


交換作業は来週に改めてご来店です^^
「んじゃーよろしくね♪」

頑張って抜糸してきてください(汗)

来週の 土曜日お待ちしております。
気をつけてご来店してください^^


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
安心オートマらくらく便
安心オートマは全国へ。
安心オートマらくらく便
こわれない安心オートマ

「安心オートマ」のHPへ。

安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
・フリーダイヤル
0120-810-002)
お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

SOD-1 plus
sod-1
レビューも次々と!
キャメルで施工できます。

SOD-1 plusのブログカテゴリ
新着商品
記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る