スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数7,500超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

PECSの分解点検

TGS様、オイル交換でご来店、PECSも清掃します。


BlogPaint

TGS様、いらっしゃいませ。

前回、RECSの施工で来店されたTGS様。

今日は、オイル交換でご来店です。

担当は、メカ山田です。


DSCN2752

前回ノーフォルトだったECUチェックですが、今回は水温センサーのフォルトが・・・


DSCN2755

問題無く作動してる水温センサー。

フォルトは、一過性のフォルトなのでしょうか・・・


DSCN2764

フォルトは消去したので、次回まで様子を見ましょう。


DSCN2753

DSCN2754

DSCN2756

DSCN2757

DSCN2758

DSCN2759

DSCN2762

良好な数値のセンサーの中で、


DSCN2765

アイドルスイッチだけが、アイドリングにも拘わらずノットアイドルのままですね・・・

スロットルポテンショメーター不良の可能性があります。

一度、ECUをリセットしてみるのも良いかもしれませんね。

特にハンチングすることも無く、今回は様子を見ることになりました・・・


DSCN2767

PECSを装着されてから、約20000km走行されたTGS様のミニ。


DSCN2776

ドレーンは今回もキレイですが・・・


DSCN2778

フィルターケースにオイル漏れが見つかりました・・・

後でパッキンを交換しましょうか !

PECSに付いた鉄粉はどうかな? 見るのが楽しみですね。


DSCN2768

DSCN2771

安心点検では、幾つか不具合が見つかりましたが、


DSCN2773

その中でも、フロントタイヤは早めの交換が必要でしょうか・・・

強めのキャンバーが付いてるためか、タイヤが内減りしてますね。


DSCN2791

とりあえず今日のところは、片減りも無く磨耗の少ないリヤタイヤ

と入れ替えておきましょう !


DSCN2782

では、PECSを清掃してみましょうか。


DSCN2784

付着した鉄粉は、20000kmの走行のわりには少な目かな?!


DSCN2786

おかげで、清掃も楽で助かりますね !


DSCN2787

これなら次回の清掃は、50000km走行後で大丈夫ですね。


DSCN2788

今回は、プロステージ10W-40とSOD-1をセットで注入。


DSCN2789

作業はこれで終了です !


CIMG6332

TGS様、お待たせしました。

ゴールデンウィークは、八ケ岳の方まで行かれるのかな?!

交通量も多いことが予想されます。 道中は気を付けてくださいね。


BlogPaint

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



KNT様 走行前点検と オートマMINIの勝負オイルは10W30フルエステル

KNT様いらっしゃいませ。

BlogPaint

CIMG5567

前回のご来店は2017年4月にゼッケン取り付けでご来店です。

本日は走行前点検とオイル交換ですね。

担当は高宮です。

BlogPaint

灯火チェックは点灯確認OKです。

DSCF7315

ブレーキフルードの色と量は良好です。

DSCF7326

DSCF7330

良く整備されているので、左右の足回りにガタや、ブーツのヒビは有りませんでした。

DSCF7334

本日はA/Fの補正をするのでO₂センサーを取り外します。

DSCF7336

この状態でキーオンにしたまま30分程おきます。

DSCF7337

その間にオイルを抜いてしまいましょう。

今回のオイル交換迄の走行距離は約2700kmです。

2回程サーキット走行されているそうです。

汚れ具合は通常より少し汚れが出ている感じです。


DSCF7340

ドレーンボルトの鉄粉が少々多目なので、PECSも分解して確認しておきましょう。

DSCF7347

少なく見えていますが、掃除を始めると鉄粉が結構溜まっていました。

DSCF7349

KNT様は、サーキット走行が多いので、PECSの清掃はショートスパンになりそうですね。

DSCF7351

規定トルクでPECSを取りつけます。

DSCF7354

本日のオイルはCDX-S 10w-30です。

Image1

オートマMINIでのサーキット走行は油温との闘いです。

油圧を欲しいので粘度を上げていくとそのオイル自らのフリクションでの発熱も大きくなってしまいます。

今回のフルエステルCDX-S 10W30はワークスATで一足お先にテストしましたが、3月のSBoMのレースでも最高108℃まで収まり、粘度を下げることでのオートマからの発熱はかなり抑えられることがわかりました。

ただ普通は粘度を下げれば油圧も下がってしまいますが

このオイルは100%特殊エステルの化学合成油で高温のエンジン内に吸着する性能が高く、エステルの電着効果で油圧が確保できます。

A.S.HのFSEとほぼ同じですが10w-30のオイルラインナップが無いので、同系列のCDXからのチョイスです。


DSCF7343

DSCF7345

足回りのボルトやナットに工具を掛けて、緩みを点検します。

CIMG5591

今回窒素ガス全量入れ替えもご用命頂きました。

DSCF7359

窒素ガス封入の証、ブルーのN₂バルブキャップも取り付け済みです。

タイヤの圧力は高目で2.5kに合わせてあります。

CIMG5598

本日はありがとうございました。

まずは4月23日のトラックディでタイムアタックがんばってください。

そして、キャメルスタッフも全員参加の5月7日SBoMでお会いしましょう。。

BlogPaint

気を付けてお帰りください。




4/20夜 追記

KNT様よりメッセージいただきました。

K 『エンジン軽くなりましたねシャバシャバオイル作戦効いてるみたいです』

S 『シャバダシャバダバシャバダバ♪ (笑)  あとは油温ですね』

K 『首都高で負荷かけて走ってみましたが油温MAX100℃ A/F12.4  燃圧1.7k  こんな感じです』

S 『5月の筑波でMAX115℃くらいでしょうか。。』

K 『その辺で収まってくれれば十分許容範囲内ですね』


前回の使用オイル アッシュフルエステル黒缶15W50と比較しても数℃は油温下がってますよね。

楽しみですねぇ。。。。♪






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



KGM様、バンデンプラスのオイル交換とヘッドライト修理です。


CIMG3836

メカ山田です。

前回、点検とPECS取付けで初キャメルだったKGM様のバンプラが、

オイル交換とヘッドライトの修理でレッカー入庫したのが3/10です・・・


P1040780

入庫から2日経ってしまいました。 本日から作業開始です !

まずは、先の見えないヘッドライトの修理から始めようと思います。

ご指摘の通り、ロービームが左右とも点灯しません・・・

KGM様のバンプラは、1300ccインジェクションに換装されていて配線は独自に引き直されています。

そしてヘッドライトもHIDに交換されてるんですよね。

配線図はないし どこから見ていけばいいのか・・・


P1040783

手掛かりを探してると、HIDに使用してる4つのヒューズを発見 !

ヒューズ切れなら、修理も簡単なんですけどね。

4本ともヒューズは切れてませんでした・・・


P1040784

ただ4つある内の2つのヒューズに、電気が来てないんですよね。

このヒューズに電気を流すとどうなるのかな?


P1040785

流してみると、ヘッドライトが点灯します !

ということは、ヒューズに電気が来ない原因を見つければいいのか。


P1040786

ここからは、ひたすら配線を辿るしかありません。

ヒューズの電源線は、辿っていくとインナーフェンダーに。

そこには、HIDのユニットがありました。


P1040788

その中にあったこのリレーが、ヒューズの電源みたいです。

リレーを短絡させると、ヘッドライトは点灯します。


P1040792

今度は、リレーを作動させるための電気が来てないようです・・・


P1040795

再び配線を辿っていくと、グリルの裏辺りで左右に配線が別れる

端子を発見しました。 

この端子はミニと同じで、配線色まで一緒です !

チョットだけ見慣れた感じで、ホッとしますね。

この端子の接触不良なら、左右のライトが点かなくなるし、問題は一気に解決 !

期待しましたよ、でも接触不良ではなくて、この端子まで電気が来てません・・・


P1040797

再び、配線を辿っていきます。 配線はハーネスに入り、そのまま車内へ。

ここで配線を見失いました・・・  

車内に入ったのは、ウッドパネルの裏側ですよ。 覗いても見えなくて・・・

こうなったら、今度はライトスイッチから辿っていきます !

ライトスイッチには、電気が来てました。


P1040798

ライトスイッチとヒューズの間で断線ですか。

その間にあるものといえば、ディマースイッチ。

ディマースイッチに電気は行ってるけど、ディマースイッチから電気が

出てきませんね。


BlogPaint

ディマースイッチ不良か・・・なんてスイッチを眺めてると、

ん?配線が切れてるではないですか !

確信が持てて嬉しい反面、もっと早くこれに気付けばこんなに苦労しなかった

と思うと、どっと疲れを感じてしまう一瞬でした・・・


P1040801

とにかく、コラムカバーを外してみましょう。


BlogPaint

端子が折れて、遊んでる配線。 これ、修理できるのかなぁ・・・


P1040821

このスイッチを見て思ったのは、古いミニのウインカーレバーもこんな形

だった気がしたんですよね。  確か在庫もあったような・・・


BlogPaint

探してみたらありましたよ !

しかも丸で囲んだ部分で配線色を点検すると、バンプラもミニも同じです。


P1040823

スイッチを交換すれば直ると思ってたのですが、カプラーを繋ごうと

した時に、何かがおかしい・・・

KGM様のバンプラは、パワステやパワーウィンドウも付いてるインジェクション車です。

新たに引き出した配線が多数あり、その中の配線がこのカプラーからも

引き出されてました。 

配線を引き出そうとしたときに気が付いたんですよ、配線の挿さる位置が違うことに・・・


P1040824

スイッチ部分で配線色を点検した時は同じでしたからね、配線を

挿し直せばヘッドライトも点灯するはずです。


P1040825

緊張の一瞬、ライトスイッチON  !

ライトは、無事点灯しました。 分解したところを復旧して、今日は終了ですね。

だいぶ遠回りしてしまった気がしますね・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

BlogPaint

3/13

メカ山田です。

ストップランプも点灯しないとご指摘がありましたが、先日までは

しっかりと点灯していたのですが・・・

本日改めて点検してみると、点灯しませんねぇ・・・


P1040828

左右とも点灯しないので、ストップスイッチの点検から始めようと思ったんですよ。

ところが、ブレーキペダルにはストップスイッチが無く・・・

そうなるとストップスイッチは、おそらくエンジンルームにあるのではないかと。


BlogPaint

それらしいものを発見 ! 

ブレーキの配管の途中に、圧力スイッチらしきものがあります。

これがストップスイッチなのではないかと。


P1040833

スイッチを短絡させてみました。

すると、ストップランプが点灯。 

やっぱりこのスイッチが、ストップスイッチだったか !


P1040831

スイッチまでは、電気が来てました。

まぁ、短絡させれば点灯するので、当然来てるはずですけどね !


P1040832

ブレーキを踏んでも、スイッチの反対側の端子には電気が来ません。

ここで、ストップスイッチ不良と思いました。

ところが配線を抜いて点検すると、端子まで電気が来てるではないですか。

これならストップランプも点灯するはずと、配線をスイッチに挿すと

ランプは点灯せず・・・


P1040834

一瞬、何が起こってるのか解らなくなりそうでしたが、結局ストップスイッチ

不良ではなく、ストップスイッチと配線の接触不良でした。


P1040836

端子を交換し、ストップスイッチの端子は磨きました。


P1040837

ダメ押しの接点グリスを塗布 !

ストップランプは、点灯するようになりましたよ。

点灯した写真を撮り忘れてしまったけど・・・


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

3/16

メカ山田です。

残りの作業も、オイル交換だけとなりました。


P1040922

今日は、そのオイル交換を行います !


P1040923

オイル交換は、まず灯火チェックから。

切れてる灯火は無く、修理したヘッドライトとストップランプも、

バッチリ点灯してますね !


P1040924

続いて、ECUチェックです。

フォルトはありませんでしたが、


P1040926

アイドリングが1000rpmと少々高めです・・・


P1040928

水温が低く、ファーストアイドル中なのでしょう。

それにしても試乗したばかりなのに、72度とは低いですね・・・

サーモ不良もしくは、低い開弁温度のサーモが付いてるかもしれません。

こちらは、後で交換させていただきますね。


P1040927

P1040929

P1040930

P1040931

P1040932

P1040933

その他のセンサーは、基準値内で良好でした。


P1040937

今日は、PECSの清掃も行うんですよ !

フィルターケースを装着するスペースが少ないので、装着したのは

ケースの短いプロトタイプのPECSです。


P1040938

前回PECSを装着されてから、800kmほどの走行で、当然鉄粉は少なく、

まだ清掃を行うほどでは無いのですが、プロトタイプにはメッシュフィルター

が付いて無いんですよね・・・


P1040940

今回は清掃よりも、メッシュフィルターを付けるのがメインです。

当然、プロトタイプに合うメッシュフィルターは無いので、


P1040941

切って製作しました !


P1040942

いつもの見慣れたメッシュ付きのPECSになりましたね。

チョット小さくて、カワイイです。


P1040944

フィルターケースのすぐ後ろにエンジンマウントがあるので、

プロトタイプを装着してるのですが、とにかく狭くて脱着しづらいです !

ノーマルのフィルターだと度々交換が必要ですから、PECSを装着を

したのは正解ですね。 ノーマルフィルターでは取れない小さな鉄粉まで

捕捉し、フィルターケースの脱着まで少なくなるのですから、良いことばかりですね !


P1040945

PECSの清掃も終わり、オイル交換開始です。


P1040950

ドレーンの鉄粉は、PECSを装着してるわりには多めでしょうか。

まだ装着されてから1回目のオイル交換、コンバーター内部に

これまでの鉄粉が残ってしまってるのでしょう。

2回、3回とオイル交換の度に、鉄粉は減ってくると思われます。

今後も注意して、ドレーンの状態を観察していきましょう !


P1040948

安心点検では、目立った不具合はありませんでした。

細かいところまで、手が行き届いてますね !


P1040951

そんなKGM様のバンプラに、SOD-1を初注入 !

去年の6月から走行800kmですから、あまり乗られる機会が無いのでしょう。

SOD-1は、エステルの電着被膜でエンジンとミッションを強力に保護して

くれるので、たまにしか乗らない車両にも、とても優しいですよ。


DSCF3904

今回オイルは、アッシュPSE10W-40をご選択でした。


P1040955

ついに最後の作業?先ほど疑わしかったサーモを交換します !


P1040957

付いていたサーモは、開弁温度の低い82度の物が付いてました・・・


P1040961

ミニのエンジンとインジェクションシステムを搭載してるKGM様の

バンプラには、サーモは88度の物でじゃないといけませんね !


P1040963

ミニよりも大きなアルミ製ラジエターが付いているし、サーモの開弁温度

は重要ですよ !  これでアイドリングも、下がるんじゃないかな。

早くエンジンを掛けて結果を見たいところですが、シールパッキンを

乾かさなければいけないし・・・  今日はここまでで終了ですね。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

3/17

メカ山田です。

一晩経ち、シールパッキンも乾きました。


P1040965

早速、クーラントを注入 !  暖機を行い、試乗に出発です。


P1040994

試乗から戻りました。 漏れが無いか点検です。

しっかり乾かしましたからね、漏れはありませんね !

問題は、水温とアイドリングの高さです。

そのために、サーモを交換しのですから。


P1040992

今度は、しっかり水温も上がってます !


P1040993

それにより、ファーストアイドル状態ではなくなりましたね。

アイドリングも、850rpmと正常値になりました !

KGM様、おまたせしました。 これで作業は終了です。




3月18日追記

CIMG4395

お引き取りに来ていただいたのは親戚のお兄さん。。。。

乗り慣れてないから、ちょっと緊張するなぁ・・


CIMG4397

ありがとうございました。

今日は3連休の初日ということであちこち渋滞してますのでのんびりお帰りください。。。


Image1夕方、無事に到着されたとのご連絡いただきました。

またのご用命お待ちしてます。

ありがとうございました。







にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



OKM様 問題解決、そしてPECS分解で今日は大満足!

BlogPaint


OKM様お待ちしておりました。

担当は高宮です。

CIMG7214

1月26日に時間切れで作業が途中になってしまったOKM様。

本日は一昨日の続きとオイル交換で、ご来店頂きました。

先日帰るときの感じはどうでした?

OKM様「無茶苦茶良くなったよ、でもねまだ2000~3000RPM辺りのバックファイヤーが出るんだよ~。」

了解です。

昨日もう当たりを付けてあります。

DSCF9146

前回3番だけ焼けが違ったのですが、今日は全て同じ焼けになっています。

DSCF9128

マップ値は正常なので、点火を診ていきます。

トルクがかかり圧力が高くなるとプラグの点火がしにくくなるので、どうも怪しい。

プラグコードは変えているとの事ですが、今日はプラグからディストロビューターまでを点検して行きます。

DSCF9148

イグニッションコードが腐食しています。

しかもコードと端子はちぎれてしまっていました。

雨水などが入り込むと腐食して電気がうまく流れなくなります。

DSCF9165


デスカバーのセンターも緑青が発生しています。

DSCF9160


デスビカバーの中心電極が減っているのが気になるので、交換させていただくことに・・。



試乗いってきま~す。

バックファイヤーは収まりました。

CIMG7228

やった~のOKM様。

よろこんで貰えて本当に良かったです。

これで一緒に運動会も行けますね。

楽しみにしています。

今日はPECSの清掃込みでオイル交換も承っております。

DSCF9132

今回はフォルト無です。

DSCF9134

エンジン回転数も下がりました。

回転も安定しています。

DSCF9135

マニフォールドバキュームも正常値です。

DSCF9136

DSCF9137

DSCF9138

DSCF9143

ミニモニは正常値です。

DSCF9154

タペットカバーからオイルが漏れていました。

少し緩かったので増し締めをしておきました。

DSCF9167

左のハブに少しガタがあります。

テンションロッドと、ロアアームのブッシュにヒビ割れが出ています。

何か足回りの整備のついでに交換しましょう。

DSCF9170

ロアのステディーロッドが緩んでいました。

ここは増し締めしておきます。

DSCF9172

2500kmごとにオイル交換をされているOKM様。

ドレーンからのオイルも悪くありません。

DSCF9209

ドレーンもなかなか良いんじゃないですか?^^

鉄粉は少ないです。

DSCF9211

OKM様 「もう3万キロ走ったから、開けてみたい。今日のメインイベントだから。」

じゃあけてみますか。^^

DSCF9213

DSCF9214

あれ?思ってたより少ないですね~。

ドレンボルトに付着する摩耗粉が今の程度でそのまま続けば次は100000kmでもいいんじゃないですか?

心配なら50000km後で点検かな。。


DSCF9215

拭き取ったウエスはちゃんと磁石に付いてOKM様もビックリ!っというシーン。。

今日も主演男優賞(^^)

DSCF9221

OKM様は今回SOD-1デビューです。ミッションフィーリングの変化を味わってください。

SOD-1の電着被膜でオイル粘度は少し落とすことができるのでプロステージ10W-40をチョイス。

この時期はもう一段柔らかくしてもいいくらいかも。。

DSCF9225

グリスアップもご用命です。

最近はあまりしていないのでしょうか?

なかなかグリスが出てきません。

オイル交換の時は、グリスアップした方がボールジョイントの持ちがよくなりますよ。

DSCF9231

オイルはMAXラインに合わせてあります。

CIMG7232

お待たせいたしました。

もうパンパン言わせないぜー。



今日は有難うございます。

気を付けてお帰りください。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


ISD様、安心オートマ後、初のオイル交換。さりげなサンバイザーも付けます !


CIMG6165

ISD様、いらっしゃいませ。

前回、フォグランプを付けられたISD様が、

今日はオイル交換でご来店です。

担当は、メカ山田です。


P1240145

安心オートマにしてから2か月、初のオイル交換ですね。

ECUチェックでは、クランク角センサーのフォルトがありましたが、


P1240146

P1240147

P1240150

P1240151

P1240152

P1240153

P1240154

P1240155

センサーは、全て基準値内。

試乗でも、調子が良かったし、


P1240157

フォルトは消去し、様子をみましょうか。


P1240158

オートマにトラブルを抱え、その後安心オートマにした場合、

安心オートマ後のオイル交換でも、ドレーンの鉄粉が多く付着

する
ことがあります。


P1240164

ISD様のミニも、、まさにそのパターンか・・・

今後、鉄粉は減ってくると思われますが、PECSの清掃は早い時期

に一度行ったほうが良いかもしれませんね。




~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

Image1去年10月に安心オートマに換装させていただいた際に、

コンバーターは他の中古品に交換しているのですが、そのコンバーターにも鉄粉が残っていたのかもしれません。  ただISD様の以前のコンバーターよりはかなり少ないはずです。

そしてPECSが30ミクロン以下の鉄粉を吸着し続けてくれるので次回には減っていると思います。

☆ 従来の紙フィルターの場合はこの細かな鉄粉を濾すことがことができずにエンジンとオートマ内を巡り続けてしまいます。    

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~






P1240165

ISD様にご説明すると、早速PECSを清掃することになりました。

果たして、PECSに付着した鉄粉は?


P1240166

この量なら、清掃は少し先でも大丈夫でしたね。

約1000kmの走行でこの量。 PECSは、しっかり仕事してくれてます !


P1240167

PECSをしっかり清掃し、


P1240168

フィルターパッキンは、硬度82の物を使用。


P1240169

取り付けも、トルクレンチでキッチリ19Nmで取り付けました !


P1240162

安心点検では、ドライブシャフトブーツにヒビが入り始めてたり

幾つかありますが、修理はもう少し先でも良さそうですよ。


P1240170

お車を大切にされてるISD様は、もちろんSOD-1の注入ご用命です !


P1240171

オイルは前回と同じ、プロステージ10W-40をご選択です。


P1240172

今日はもう一つ、サンバイザーの交換も追加ご用命になりました。

あっ、これは今付いてる交換前の物です。


P1240174

これを、キャメルオリジナルの新商品、さりげなサンバイザーに交換します !

ルームミラーの上までバイザーが来るところがステキでしょ?!


P1240176

ただ、ISD様のミニにはワイドミラーが付いてるので、

加工が必要になったんですけどね !

無事、取り付けることが出来てホッとしました。


CIMG6190

ISD様、お待たせしました。

何だかんだと時間が掛かってしまい、すっかり暗くなってしまいましたね。

お帰りは気を付けてくださいね !


CIMG6191

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ

キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
セラミックスエアー
なぜだか上手く言えないけど、 なんか違う。 施工料:2,000円(税別)
こわれない安心オートマ
格安の陸送料で
安心オートマは全国OK!
安心オートマらくらく便
らくらく便のHPへ


らくらく便でhappyになった
MINIオーナーの記事




「安心オートマ」のHPへ


安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
フリーダイヤル・お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

安心オートマの
ブログ関連記事へ


安心オートマの作業レポート
PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る