スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数6,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

32fes(8/27)キャメルオートが参加します。

整備進行中(^^♪

MR様 セルが急に回らなくなっちゃった!でレッカーで初キャメルです。

( ´ー‘)ゞ もう夏も終わり?今年は雨多くて涼しいかな?過ごしやすいけど。。。の石川です。

急にセルが回らなくなってしまったとMR様がJAFで緊急入庫です。


BlogPaint


ちょっと困った状態なのにカメラを向けられ若干困惑気味なMR様。
それでも笑顔が出ちゃうのがミニ乗りの血?(笑)


BlogPaint


取り敢えずセルモーターは無反応なのでピットまでJAF隊員さんとミニも押せるweb担当さとー君でピットまで押していきます。

MR様のハンドルさばき次第では後ろの二人がバテてしまうので頑張ってくださいね(笑)


その後ろの二人がみた光景。


DSC08772


管楽器が横たわる車内。
トランペットにサックス・・


DSC08773


このくるくるしているのって何でしたっけ?(汗)


CIMG0290


「くるくるしてるのだってよー。あいつ馬鹿だねー。」


CIMG0292


まずはマスターチェック。
「オイル綺麗だけど少ないねー」

MR様の記憶だと9ヶ月くらい前に交換しているそうです^^


DSC08784


セルの方は。。。
ココまでは電気来ていますが。


CIMG0299


「やっぱりセル回らないなぁー」


BlogPaint


っと言う事でお預かりです。


CIMG0301


暫く寂しいですがミニ「ラ」をお楽しみください^^


BlogPaint


お店も一段落付いたので若干坂になっている展示場側に再度押して行って。。。


CIMG0302


押しがけ!
「これでかかって問題無ければセルモーターで決まりだよねー」


DSC08794


無事エンジンもかかって調子も良さそう♪
後はセルモーター交換してからオイル交換に移行します(`・ω・´)ゞ


つづく。


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます





クラシックMINI専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


HR様 車検本番でご来店ですヽ( ´ー`)ノ

( ´ー‘)ゞ もう夏も終わり?今年は雨多くて涼しいかな?過ごしやすいけど。。。の石川です。

連休前に車検下見が終わっているHR様。
今日は本番。ミニを預けにご来店ですヽ( ´ー`)ノ


CIMG0243


「作戦通り頼むよー♪」
おまかせください^^


BlogPaint


ミニは早速最初の作業「水路洗浄」の為良いポジションゲットです^^


CIMG0248


では作業完了までキャメル代車でお過ごしくださいませ。


その日の午後・・追記

では水路洗浄担当の曽根です。

BlogPaint

隣のサーフブルーのMINIと並んで仲良く洗浄タイム。。。


DSC08623

ヒータージョイントパイプがまだノーマルの樹脂製なので今回ステンレス製に交換でしたね。。

洗浄のあと交換します。

DSC08627

冷却水を少し抜いてラジエターコアを覗いてみたら、汚れというより粒なかんじのゴミが・・

これは後ほどラジエター逆流すすぎで吸い出しましょう。


DSC08630

ラジエターフラッシュを入れて洗浄開始。


DSC08631

来店から約3時間たって水温を下げてサーモスタットが閉じた状態から温度測定開始!

エンジン側、ラジエター側 ともに61℃です。


DSC08634

おやおや 閉じてるはずのサーモスタットですが・・・・

どちらもグングン水温上昇してます。



DSC08642

インジェクション車の標準のサーモスタット温度は88℃だから

まだ閉じてなければいけないはずですが少し開いてますね。


DSC08644

そのまま両者同じように上昇して85℃まで上がったところで

DSC08646

先ほどまで半開きだったサーモスタットが全開に近くなったようで

勢いよく流れ込むようになりました。

今現在は、ギリギリ動いてる感じのサーモスタットですが、半開きのまま固着してしまう可能性もありそうなので

交換おすすめです。

DSC08669

水温センサーの精度はよさそうですね。

電動ファンの作動は、休み前の入庫チェック時に確認済み (95℃⇔91℃)なので

スリーチェック完了です。


DSC08696

去年9月にオーバーヒートで入庫した時に水路洗浄しているので

少し、排水に臭いはありましたが概ねきれいな状態でした。

順回転での排水はほぼ透明になったので、次は逆流すすぎ。。

DSC08698

ラジエターのコアに詰まった汚れも逆流で吸い出します


DSC08699

バイパスホースをクリップしてヒーターコアだけから吸い出すように逆流させます。


DSC08701

右がラジエター逆流。 

左のヒーターコア逆流水は汚れがでてきましたね。。スッキリ。


DSC08704

ラジエターサブタンクに補充します。

このあと、ヒータージョイントパイプ交換です




つづく。




にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


WTN様、車検でご来店です。本当に初キャメル?!


CIMG0106

メカ山田です。

最近、関西から引越してこられたWTN様が、

車検でご来店、初キャメルです !


DSCN8207

お車は、Mk-1スタイルのサーフブルー。


DSCN8206

内装まで手の入った、とてもキレイなミニですね !

とても大切にされているのが分かります。

早速、入庫チェックしましょう。


DSCN8209

バッチリ決まった車高は、車検に合格するには少し低いようです。

他にも、幾つか手直しは必要でしょうか・・・


DSCN8211

DSCN8212

ECUチェックでは、フォルトが2つありましたが、


DSCN8213

DSCN8214

DSCN8215

DSCN8216

DSCN8217

DSCN8218

DSCN8222

DSCN8225

フォルトのあったセンサーを含め、今は全て基準値内ですね。


DSCN8227

過去のフォルトを消去し忘れたのか・・・

フォルトは消去しました、これで様子を見てみましょう !


BlogPaint

リフトアップすると、、早速愛車の下回りを見に来られたWTN様。

愛車に乗り始めてから10年、なかなか下回りを見る機会がなかったとのこと。


BlogPaint

キャメルのブログは、ご覧になっていたみたいですね。

お決まりのポーズも決めていただき、すっかりキャメラーといった感じのWTN様。

そのノリが素晴らしい !  本当に初キャメルですか?


DSCN8234

不具合は、結構見つかりました。

これまで交換されたことが無かったと思われるショックは、

すっかり抜け抜けに・・・


DSCN8235

ドライブシャフトブーツも、パックリと切れて、


DSCN8236

ナイロンベアリングにも大き目の摩耗があります。


DSCN8239

ナックルジョイントのブーツ切れなど、他にも不具合が幾つか・・・


CIMG0144

全てを修理するには、費用も結構結構掛かりそうですが・・・


CIMG0157

あっさりと、全て修理することを決定 !  本当に大切にされてますね。

車検終了まで、寂しいでしょうが代車で我慢してくださいね。


DSCN8246

WTN様のお帰りになった後、少しだけ手直ししました。

元気になって戻ってくる愛車を、楽しみにお待ちください。

お車、お預かりします・・・




8月17日追記

車検の定番メニュー水路洗浄から始めます。。

DSC08614

本日の水路洗浄担当は曽根です・・・

DSC08636

クーラントの色は半透明の緑色。。 クーラント濃度はだいぶ薄そうです。

ラジエターフラッシュ入れて洗浄開始


DSC08638

水温上昇させながらサーモスタットの作動、水温センサー精度 電動ファン作動チェックを

併せて行うのでラジエターには温度計を挿しておきます。


DSC08648

エンジン側が76℃まで上昇しましたが

ラジエターは30℃を保ってます。

サーモスタットの密閉は良好ですね。


DSC08663

そのまま水温上昇させていくと、先にラジエターの底のほうから湧きあがってる感じ・・

水温はエンジン側とラジエターでかなり近くなってきてますが

ラジエターに流れ込む水量は少なくサーモスタットはまだ閉じてるようです。


DSC08671

92℃まで上昇したところで、ラジエター側に勢いよく流れ込んできました。

ちょっとサーモ全開になる温度が少しズレてるようですが

開いてしまえば問題ないですね。

DSC08672

勢いよく流れ込んできてます。


DSC08677

99℃で・・

DSC08686

電動ファン回りだし・・


DSC08681

エンジン側水温は99℃のままですが

DSC08678

電動ファンストップ。。

作動温度幅が狭いですが、これ以上水温を上げることができなかったので問題ないと思います。


DSC08689

99℃で水温計はちょうど真ん中。

サーモと電動ファンの特性からみると

92℃⇔99℃ を行ったり来たりが正常ということになります。

水温計が右側に振ったら要注意。


DSC08722

スリーチェックも終わり、十分洗浄できたので排水です。

排出された冷却水はだいぶ臭かったです。。。

汚れもでました。



DSC08728

ラジエターを逆流させて汚れを吸い出します。


DSC08730

バイパスホースをクリップしてヒーターコアからだけの水流にして

同じく逆流させて吸い出します。


DSC08732

右がラジエター逆流水   左はヒーターコア。

ラジエターはコアもきれいだったのでここ何年かで交換されてるのでしょうか。。 

DSC08733

リザーブタンクにクーラント補水

DSC08735

いつものクーラントブースター。

強力防錆、防蝕、消泡で鉄エンジンの水路を守ってくれます。


DSC08738

クーラント入れて水路洗浄完了です。

サーモスタットの開弁温度がやや高いのだけが今後要注意ですね


つづく









にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



KD様 やっぱりクラックが気になって・・・もうダメ(汗)

( ´ー‘)ゞ もう夏も終わり?今年は雨多くて涼しいかな?過ごしやすいけど。。。の石川です。


前回のオイル交換の時に見つかったフロアのクラック。
もう異音とかしてきてギブアップです(汗)


CIMG0115


本当はピースとかしている場合でもないけど体が勝手に反応してしまいます?(笑)


CIMG0117


「もうダメ。ギブアップ。」
アクセルON-OFFでも足元からパキパキ言うようになっちゃったとの事。


CIMG0125
CIMG0126


フロントサブフレームのリアマウントが付くフロア側に大きなクラックが・・・
なんだか成長していません?(汗)


CIMG0124
CIMG0128


インナーフェンダーのクラックも一緒に退治してもらいましょう^^;


CIMG0130


「コレもよろしくね。」
手に持つのはブロスガレージさんのフロア補強プレートキットです♪


CIMG0131


では作業完了まで暫くお預かりします(`・ω・´)ゞ


つづく。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002

 

KT様 クラッチが切れなくなっちゃった(汗)

( ´ー‘)ゞ もう夏も終わり?今年は雨多くて涼しいかな?過ごしやすいけど。。。の石川です。

去年車検でご来店したKT様からTELが。
「クラッチがいよいよ切れなくなっちゃったー」


BlogPaint


っと言う事でレッカー入庫です。


CIMG0163


レッカードライバーさんに代わりにピースしてもらいます(笑)


BlogPaint


50回位のダフリじゃ切れず。場所をピット前に持ってきて点検。


CIMG0186


マスターにはオイルたんまり。
レリーズには滲み跡たんまり。

踏み心地スッカスカ。

そこにマスター登場。
後200回位ダフれば切れるんじゃね?

やってみたら切れました(汗)


CIMG0191


そんな事やってるとKT様ご夫婦登場^^
完全に油断していますね?(笑)


CIMG0192


どうやら今回の作戦は決まったようですね~(*´ー`*)v


BlogPaint


クラッチマスター・クラッチレリーズ交換。
クラッチホースはステンレスメッシュで交換。

そしてオイル交換+SOD-1+グリスアップですね!


CIMG2948


作業完了までキャメル一番人気の緑色代車でお過ごしください(`・ω・´)ゞ

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

8月17日、メカ仁です、修理担当します、

DSCF6168

クラッチペダル踏んでも、全く手応え無しです、

DSCF6169

DSCF6172

マスターシリンダー、レリーズ共に漏れているので、交換します、

DSCF6175

マスターシリンダーにペダルの動きを伝えるクレビスピン、摩耗しています、

DSCF6213

新品に交換です、

DSCF6178

マスターシリンダーを外して、

DSCF6197

プラスチックタンクのAP製に交換、

DSCF6196

レリィーズは新品の中身を信頼の日本製に交換して取り付けます、

DSCF6209

クラッチホースはステンレスメッシュホースに交換、

DSCF6212

マスターシリンダー、レリィーズ、ホース取付け終了、

DSCF6214

フルードのエア抜きをして交換作業終了、

DSCF6167

バッチリ治りました、各摺動部のグリスアップもしたのでペダル滑らかな動き
です、

DSCF6217

交換に伴い取り外したフューエルトラップ

DSCF6219

セパレーター共に清掃しておきました、次にOIL交換と安心点検、グリスアップ
です、

DSCF6221

入っていたOIL量多め、

DSCF6225

少しガソリン臭い・・。 燃料希釈に注意です。 

オイル交換サイクルは早めがイイですね。

DSCF6226

OIL抜いてみると、

DSCF6230

異物が出て来ました、デフギヤのブロンズワッシャーだと思います、ドライ
ブシャフトにガタやOIL漏れが酷くなったらオーバーホールすることになり
ます

DSCF6227

ドレンボルトの磁石に鉄粉の付着量は少ないです、

DSCF6235

プロステージ10w-40、添加剤にSOD-1を入れました、

DSCF6232

DSCF6233

OILが抜け切る間にグリスアップ!

DSCF6240

ブレーキホースに亀裂が入り始めてます、今後も注意してチェックしていきます。

DSCF6247

DSCF6246

ショックアブソーバー完全に抜けています、下廻り点検で気になるのは以上
です、

DSCF6237

ブレーキフルードの量、漏れ、OKです、

DSCF6238

Vベルトの状態、弾力性が無くなってきてます、早めの交換をお勧めします、

DSCF6236

LLC少し補充しておきました、

エンジンECUのチェック、

DSCF6259

スロットルポジションセンサー異常です、

エンジン回転が上がったり下がったリのハンチングの症状もでました。

DSCF6257

前回の車検の時にも異常がでてましたね。

加速時の息つきもスロポジセンサー『お尻ぺんぺん』 交換で改善すると思います。


BlogPaint


灯火装置の点検、をしたらブレーキランプ点灯しっぱなし、

DSCF6270

ブレーキランプスイッチが壊れていました、

DSCF6271

壊れやすかった従来品から改良板の新品に交換して

BlogPaint

灯火装置の状態OKです、

明日試運転で完成検査します。


つづく。


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
32fes参加するよ!
キャメルも富士に行きます
セラミックエアー
なぜだか上手く言えないけど、 なんか違う。 施工料:2,000円(税別)
SOD-1 plus
sod-1
レビューも次々と!
キャメルで施工できます。

SOD-1 plusのブログカテゴリ
こわれない安心オートマ
格安の陸送料で
安心オートマは全国OK!
安心オートマらくらく便
らくらく便のHPへ


らくらく便でhappyになった
MINIオーナーの記事




「安心オートマ」のHPへ


安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
フリーダイヤル・お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

安心オートマの
ブログ関連記事へ


安心オートマの作業レポート
PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

夏到来。
オーバーヒートする前に。
ラジエーターキャップを開けてクーラントを確認しましょう。
2年以上交換していないなら、汚れていなくても水路洗浄を!
MINIのクーラー、
今年は大丈夫?
記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る