スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数6,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

ATフィルターパッキン

YSD様 さりげなく登場でサンバイザーとPECSゲットですヽ( ´ー`)ノ

( ´ー‘)ゞ もうそろそろお花見まで秒読み?今年はどこに花見行こうか悩み中の石川です。 

前回納車されたばかりで点検に来られたYSD様が再度ご来店ですヽ( ´ー`)ノ 


BlogPaint


何だか暫く見ないうちに派手になりました?(*´ー`*)
どうでしょうのノボリが良いですね♪


CIMG0922


「今回はコレを買いに来たのさっ!」
今年のお正月にさりげなくブログに書いたサンバイザーですね♪

さすがお目が高い^^
って言うかまだ通販に載っていませんでしたね(汗)


CIMG0924


「それとコレも買ってくー」
去年の夏の再販当時に通販でご購入していただいたPECSのガスケットセットですね^^

そう言えばペンシルタイプのPECSはどうしました?
バイクに使っているのかな?


CIMG0925


横からも撮っちゃいます。
向こうの方でマスターが心なしか優しい表情でみてますよ(笑)


CIMG0927


今日は夕方からお天気が崩れると予報が出ています。
場所によっては雪とか言っていますが気をつけてお帰り下さい(汗)

ありがとうございました~ヽ( ´ー`)ノ


 にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


KT様、オイル漏れ点検とCCVS取り付けです。


CIMG9859

KT様、いらっしゃいませ。

前回、ステアリングアジャスターとエアークリーナーを交換されたKT様。

今日は、オイル漏れの点検でご来店です。

担当は、メカ山田です。


P1040722

先日車検を行った時に、フィルターパッキンからのオイル漏れが見つかり

パッキンを交換されたとか。 ご迷惑をお掛けしました・・・

その後もオイル漏れが続いてるとのことで、フィルターパッキンの交換

で来店されたのですが・・・ パッキンからの漏れは、止まってるようですね。


P1040723

ということは、他にオイル漏れがあるのでしょう。

点検すると、ミッションの半月シール辺りと、


P1040724

コンバーターの辺りにも漏れがあります。

これまで、オイル漏れに悩まされてきたようですね。

ミッションケースには、オイル漏れを補修した痕が各所に・・・


P1040726

いつかは安心オートマを検討されてるようですから、オイル漏れの修理は、

その時に行うのがお勧めですね。 それまで油量のチェックはこまめに !

減ってたら、補充してくださいね。


P1040731

PECSの清掃は、エンジン、ミッションに問題が無ければ、

通常なら30000km以上は必要ありません !

パッキンを交換されたとのことですが、交換したパッキンがそこまで

漏れずに済むのかな・・・  パッキンは、交換しておきましょう。

これまでもオイル漏れに悩まされ、開発を続けてきたパッキン

ようやく、これならいけるのではないかというパッキンが完成しました。


P1040728

KT様のミニは、PECSを装着されてから約2000kmの走行でこのくらいの

鉄粉の量です。 まさにエンジン、ミッションに問題の無い状態です。


P1040730

今回清掃したので、ここから30000kmは清掃を行うことは無いでしょう。

となれば、パッキンの交換は必須です !


P1040732

ただ新しいパッキンも、漏れないという結果が出るのはまだ先の話ですが。

これまで何台ものミニに装着しましたが、まだオイルが漏れた車両は

ありません !  このパッキンなら、きっと大丈夫です。


P1040738

オイル漏れは、クランクケースの内圧が上がると漏れも多くなります。

クランクケースを減圧すれば、オイル漏れにも効果が期待できますからね。


P1040740

それなら良いパーツがありますよ、CCVS  !


P1040741

オイル漏れを減らすためのパーツではないので、オイル漏れを修理した

後でも、本来の機能があるので付けても無駄にならないところも魅力的ですね !


P1040742

CCVSを付けて、漏れが少しでも減ることに期待しましょう !


BlogPaint

オイル漏れの点検時に、一つ発見しちゃいました。

追加ステディーのブラケットが割れてます・・・


P1040734

マニュアル車には2本付いてるステディーロッドも、オートマ車には1本しか付いてなく、

当然2本付いてるほうが良いに決まってます。

実際、ブラケットが割れたということは、ステディーロッドとして機能していた証拠ですから。


P1040737

ということで、今回ステディーロッドも新しい物に交換しました。

作業は、これで終了です !


CIMG9884

KT様、お待たせしました。

来月辺りに、オイル交換で来店いただけるんですか !

ご来店も、今回で4回目ですね。

キャメルをごひいきにしていただき、嬉しいかぎりです !


CIMG9885

これからもよろしくお願いしますね !

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



みくたさん分析ありがとうございます。 オリジナルATフィルターパッキン完成が見えてきました

曽根です。

オリジナルオートマのオイルフィルターパッキン製作、選定の続編。 


今までの経緯を振り返ってみると・・・


最初に作った硬度70のオリジナルATフィルターパッキンを、硬度75の従来品(グリーンライン)と同じ力で絞めると切れてしまうので、そのゴムの硬度と柔軟性に合わせて締め付けトルクを変えなくてはいけない。。



ということは分かったので、

それぞれの強度と柔軟性を知るために引っ張り破壊試験をした結果から締め付けトルクの違いは25%くらいかな・・という仮説を立てて製品開発していきます。



と書いたら、ここで強力な助っ人『みくたさん』からの助け舟
mikuta2 各フィルターパッキン引っ張り試験のグラフから圧縮方向で使用した場合の変形率を割り出していただき、 圧縮側で使用する場合は変形の許容率がすごく低くなるので、圧縮したときの変形率を15%前後に抑えなければならない・・
というのを、わかりやすく解説していただきました。




ならば、規定トルクの19Nmで締め付けた時に変形率が15%くらいになるパッキンを作ろう



で、製作をお願いしている細谷ゴムの社長さんに依頼して新たに3種類の硬度『75、82、88』の違うパッキンを製作してもらい、それを引っ張り破壊試験しました。



グラフ1

これが従来品(硬度75のグリーンライン)も含めての試験結果のグラフです。

前回みくたさんは グラフの写真から圧縮方向の歪率を割り出してくれたのですが・・・



Image1


今回は膨大な試験データをCDでもらって、みくたさんに渡してお願いしました。。・・

スーパーバトルの表彰式にも来れないほど仕事で忙しいみくたさんにだいぶ無理言ってしまいました・・<(_ _)>






そして大晦日の夜メール届きました。。。 

みくたさんのブログ
 
15817839_385345798477022_247516408_o




mikuta2『1枚目のグラフはグリーンラインと各硬度のキャメル製パッキンとの比較で、圧縮方向まで外挿を終えてます。

前回はネットから拾った写真を元に数値をデジタイズしてグラフ化したのに対して今回は生データを頂いてますので、微妙にグラフの形が違います。特にグリーンラインの弾性率が小さめに出てます。が、そういう事情ですので今回を正として下さい。

キャメルさんのパッキンを並べてみると、先日お送りしたゴムの教科書に載っていた引っ張り/圧縮特性そのものだということが分かると思います。

つまり架橋密度を変えて特性を変えた様子がまざまざと見て取れます。

これが何を意味しているかというと、このゴムはまじめに作られたゴムってことですね。

普通は架橋密度を変えてもその他の外乱因子(異物の混入とか混練不足による組成の不均一性とか架橋不良とか)によってこれほどキレイには傾向が出ないことが多いです。

ちょっとビックリしました。

それぞれの硬度のゴムで破断の手前で上に伸び上がるように応力が増していますが、これはゴム分子が延伸方向に配向することで生じているのですが、上で述べたような外乱因子があると延伸の途中でゴム内部でブチブチ分子が切れてカーブが凸凹してしまうんですよ。

実はグリーンラインの特性がそんな感じだったりしますがw

圧縮方向に使うパッキンですのでこんな過延伸領域に気を遣う必要は無いので実はオーバースペックだったりするのですが、そういう現実はともかく真面目なゴムだなあと感じた次第です。

いいメーカーさんを捕まえましたねw』


Image1 細谷ゴムさんは、取り引きとしてはPECSのメーカーであるターゲンテックスからの依頼になるのですが、キャメルに直接来てくれて説明してくれた社長さんは熱い人で信頼できるメーカーだなぁ・と思いましたが、みくたさんの製品から見た評価を聞いて納得です。







15817572_385345801810355_652780230_o

mikuta22枚目のグラフは圧縮方向だけを抜き出した結果ですが、硬度70と75だとほとんど変わりませんでした。



Image1うーん、それは引っ張り試験のグラフだけ見ても分からないですね。 難しいけどこうして圧縮側だけのグラフにしてもらうとわかりやすい 








15820656_385345805143688_126568856_o
mikuta2『3枚目のグラフではグリーンラインを基準とした上下限範囲で比べてみました。

この中で言えば硬度82のパッキンがグリーンラインに最も近くかつやや硬めの領域にいますので、曽根さんが選んだ通りこれを選ぶのが正しいのではないかと思いました。

硬度88だと下手をすると変位の下限を切りかねない位置に居ますので、例えば微妙な凹凸をパッキンが吸収しきれずにオイル漏れを引き起こす心配が出てきてしまいます。

そんなことを考察してみました。



Image1私は引っ張り破壊試験のグラフと何となくの感覚で選んだ硬度82のパッキンですが、

こうして圧縮側の変形率を明確に示していただき、

それが適正変形内に入ってるということがわかったことで確信を持つことができました。

先日ワークスATで使ってから取り出した使った硬度82のパッキンの変形が少なかった こともスッキリ納得です。





パッキンとして優れた材質と確かな製法そして適正な硬度 によって最高のオートマのフィルターパッキンが完成しそうです。。

たかがゴム、されどゴム・・・モノ造りってたいへんですねぇ。。

みくたさんのおかげで確かな製品を自信持って造り始めることができそうです。ありがとうございました。

硬度82hsのキャメルオリジナルATフィルターパッキン発注しましたので、出来上がり次第通販でも販売開始します。  もう少しお待ちください。






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


ワークスAT 禁断シリーズ フィルターパッキン再使用 とタイヤローテーション

曽根です。


2016年ももうすぐおしまい。。

安心オートマでレースに参戦中のワークスAT も今年は頑張りました。。。

12月のSBoMは インジェクションレースクラスと45分耐久のダブルエントリーでもトラブルなく両方とも完走。 しかも1分15秒台も出て自己ベスト更新でした。 

45分耐久レースも全開で走りきってクラス2位だったし。

インジェクションクラスは予選で快調すぎて、上のスプリントクラスに入っちゃったので表彰は逃しましたが嬉しい昇格です。 来年はスプリントクラスで上位を狙いたいですねぇ。。




などと、今年を振り返りながら最後のスタッフミニデイの本日はワークスATの点検です。

CIMG0476

隣にはオレンジ色のいしかわ号。。 ながーい冬眠生活だったからまだリハビリ中?


CIMG0478

エンジンルームもざっと点検して問題なし。。。







レース前のオイル交換で、硬度82hsのオリジナルフィルターパッキンを使ったので

その状態もチェックしたくてPECSを分解することにします。

CIMG0479

レース後もまったく漏れもないので、今回も同じ硬度82hsのフィルターパッキンを使用する予定です。



CIMG0481

PECSのフィルターケースを外すと・・・・・・

BlogPaint

フィルターケース側にパッキンがくっ付いてます。。

今までのパッキンではこんなことは無かったです。

しかもほとんど変形してないです。。

締め付けトルク19Nmはこのパッキンにとっては余裕しゃくしゃくな感じです。

ゴムを圧縮して使用する時の変形許容率はく5~20%と伸び側に比べると断然低いので

少ない変形で密閉できることが求められてますが、

この硬度82hsのパッキンは優秀ですねぇ。

CIMG0484

では、PECS分解してみます。

CIMG0486

うっすら鉄粉は付いてますが、

実は前回レース前のオイル交換ではPECSの清掃をしてませんでした。。。




レース前の12/8に分解したときのPECSは ↓

P1220934

今回とほとんど変わらないくらいの鉄粉が付着した状態でしたので、


今回レースで過酷に使用したにも関わらず鉄粉は増えてませんでした。

今年前半戦では割と多めな鉄粉が出てたのは、ロッカーシャフトの摩耗が原因だった可能性が高いです。



CIMG0487

完全分解して清掃しなくても9割程度きれいになればOKです。




さて、新しいパッキンに交換して組み付けるつもりだったんですが・・

CIMG0488

形もしっかりしてるし、切れてるところもないし・・・・・

そのままもう一回使っちゃおうかな。  

禁断のフィルターパッキン再使用。




まったーマン1ssこれはテストなんで皆さんは真似しないでください。

『パッキンは分解したら交換』 は鉄則です。


CIMG0489

しっかりトルクレンチ使って19Nmで締めておきました。

変形率が少ないことがわかったので、これで万一漏れてきた場合は応急措置としてはもっと強く増し締め可能だと思われます。


CIMG0503

フィルター分解でこぼれた分、オイル補充の代わりに

SOD-1で補充しました。 

来月1月22日に袖ヶ浦フォレストレースウェイでのTBCCでレース参戦もあるので奢っときます。






さてと、リフトアップされたワークスATのタイヤを見ると

CIMG0490

ほとんどすべてがサーキット使用・・。。

CIMG0491

しかも全部右回りなんで左前のタイヤは一番減ってます



CIMG0494

なので、右リヤと比べるとだいぶ溝の深さが違います。。

Image1

これは溝が残ってる右リヤタイヤ


CIMG0498

前後左右でローテーションしちゃいたい。。

でもな、このタイヤ 『ダンロップR7』 回転方向決まってるしなぁ・・


CIMG0496

ローテーションしちゃうことにしました・・・・


BlogPaint

回転方向の矢印は後ろ向き。。  バック専用(笑)

禁断シリーズ第二弾は 方向性のあるタイヤの前後左右ローテーションでした。

CIMG0504

内緒だよ。。


CIMG0506

窒素ガスは奢っときます。。。




Image1 今年最後のスタッフミニデイでした。。 では。。







にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


TKO様、オイル交換でご来店、オイル漏れが気になります・・・


P1230537

メカ山田です。

前回、オイル交換とブレーキ鳴き修理で来店されたTKO様。

今日は、オイル交換でご来店です。


BlogPaint

まずは、灯火チェック !

左のリバースランプが切れてました・・・  後で交換しますね。


P1230539

今回も、結構間が空きましたね。

9か月振りのご来店ですが、ノーフォルトとは優秀です !


P1230540

P1230542

P1230543

P1230544

P1230545

P1230546

P1230547

P1230548

センサーも全て基準値内、問題ありませんね !


P1230553

前回から5000km近く走行されたからか、


P1230567

PECSを装着されたわりには、鉄粉は少々多めか・・・

それでも前回よりは減ってますが。


P1230551

最近、オイル漏れも気になってるそうですが、オイルは1リットル

くらい少ないかな。


P1230552

タペットカバーカバーにオイル漏れが少々。


P1230554

メーターケーブルの取り出し口は、結構漏れてます・・・


P1230564

ATのフィルターケースからも漏れてますが、こちらはパッキンを交換 !


P1230565

新しいパッキンは、何度も試験を行い決定した高度82のパッキンを

使用しました。


DSCF6277

不具合は幾つかあったけど、ショックは抜けてしまって交換時期です。

ショックが替わるとどうなるのか、おとーと君で体感中のTKO様。

ショックを交換してみたくなったかな?!


P1230568

今回オイルは、プロステージ10W-40をご選択です。


P1230570

最後に、切れてたリバースランプのバルブを交換。


BlogPaint

しっかり、点灯するようになりました !


DSCF6287

TKO様、お待たせしました。

パッキンを交換したので、オイルの減りも少なくなるでしょう。

それでも少しは減ることが予想されます。

油量のチェックと、3000kmでの交換をお忘れなく !

本日は、ありがとうございました。



にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002



ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
安心オートマらくらく便
安心オートマは全国へ。
安心オートマらくらく便
こわれない安心オートマ

「安心オートマ」のHPへ。

安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
・フリーダイヤル
0120-810-002)
お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

SOD-1 plus
sod-1
レビューも次々と!
キャメルで施工できます。

SOD-1 plusのブログカテゴリ
新着商品
記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る