スタッフブログ|ローバーミニ専門店キャメルオート

東京都八王子市にあるローバーミニ専門店のスタッフブログ。ほぼ毎日更新。記事数7,000超え。お客様のミニの整備状況を担当スタッフが丁寧に説明。キャメルならではのパーツ・グッズ情報もアップデート。さらに「Super Battle of MINI」や「MINIの運動会」の模様もお伝えします。

【年末年始の休業日】12/30(土)から1/4(木) 作業予約はお早めにお願いします。

新・曽根号(1.3i MT)

新曽根号 オイル交換でPECS取付け+いろんな魔法でスゲー調子よくなった

曽根です。


スタッフミニディの火曜ですが

その前に、任意保険の資格更新のためのテストでした。

Image2

テストルームはデジカメはもちろん、携帯、時計、ノート ペン・・・

ほとんどすべてが持込み禁止。。  

なのでブログ用の写真も撮れませんでした。。

試験の結果は3日後。



CIMG6851

で、会社に着いたのが1時半。


さぁ、スタッフミニディ始めるぞー。

CIMG4788

旧曽根号・・・  左の前はちょっとかわいそうなことになってるので非公開。

CIMG4793

少しづつパーツを移植していくことにします。

CIMG4794

カバの口・・  ベルト駆動のファンレスは新曽根号で是非完成させたいな。

CIMG4796

これはまだ未公開だった、燃料PECS。。

磁力線の中に燃料を通すと燃えやすくなるんじゃないか・・という実験中でした。

正確な数値データは取ってませんがアクセル開度が減ったと思います。

これもそのうちにインジェクションの新曽根号で試してみます。


BlogPaint

で、今日取り外したのは

PECS  MSDイグニッションコイル  永井電子のプラグコード

大容量コンデンサーの瞬間給電(←キャメルの商品名)



CIMG4805

パーツを移植しながら、他のメンテもやっていきます。


CIMG4810

クラッチオイルが真っ黒なんで入れ替えよう


CIMG4809

セルフブリーダーでクラッチレリーズからクラッチオイルを抜き取ります

CIMG4812

クラッチマスターのオイル・・きれいになりました。

クラッチオイル交換するだけでもクラッチの切れがシャキッとします。


BlogPaint

ECUを水から守るゴムの腹巻・・・

破れちゃってコネクター部分がむき出したったんで新しいゴム腹巻に交換。


CIMG4813

ECUのカプラーの接点をキレイにして接点復活剤で養生しとこ。。


CIMG4879

これなら少々の雨なら全然大丈夫。。


DSCN4344

点火系パーツを移植します。

CIMG4816

ブリスクプラグやイリジウムプラグの選択肢もあったんですが

それは今後に交換する楽しみをとっておこうと思い・・・

NGKのノーマルプラグ BP6ES をチョイス。


BlogPaint

今まで付いてたのがチャンピオン・・・

むかーし、2サイクルのモトクロッサーに付いてたチャンピオンプラグは一度カブらせちゃうと

なかなか再始動しなかったけどNGKは1発始動だったことがあって

個人的にチャンピオンプラグがあまり好きじゃないってのが交換の理由ですが・・


BlogPaint

1~1.1㎜くらいのギャップに調整します。

ギャップが広い方が火種が大きくて有利なんですが

広げ過ぎちゃうとミスファイアの原因になるし程々にしておきます。

近いうちに移植する予定のMSDなら47000Vパワーで2㎜ギャップでも大丈夫なので

MSDつけたら再調整です。


CIMG4821

MSDコイルに交換。。 0.8Ωなのでノーマルの点火システムでも大丈夫

CIMG4820

旧→旧交代 (笑) 

左 : 旧曽根号から外した永井のブルーポイントシリコンコード

右 : 海外製のやや細めのシリコンコード

点火パワーが強くなると低速トルクが出てきて走りやすくなります。


CIMG6877

プラグコードにおまじない・・・



CIMG4826

旧曽根号から外した『瞬間給電』

電気が不足した瞬間に補ってくれます。 安定した点火パワーのお手伝い。。



CIMG4848

タペットカバーからのオイル漏れとタペット音が気になったんで

パッキン交換とタペット調整やります


BlogPaint

コルクのガスケットはドゥトレーディングさんのコレがいいですね・・


sCIMG4852

タペットはだいたい0.3㎜あたりに合わせました。

シックネスで測るより、手で上下に動かしたときの感覚で合わせた方が

いい結果が出る場合もあります・・。  今日はほとんど感覚の0.3㎜・・(笑)



BlogPaint

旧曽根号から外したPECS。。

今日一番交換したかったのがコレ。。 

ノーマルの紙フィルターだと素通りする鉄粉のことを考えると夜も眠れない(笑)


BlogPaint

磁石に付いた鉄粉はパーツ洗浄機で洗い流すのがキレイになります。

BlogPaint

旧曽根号から数万キロ使用。。。 


BlogPaint

フィルターパッキンは耐久テストのために再利用でどこまで使えるか試してます。

すでに3回脱着してますがそのまま使ってます

もちろん、本来は毎回パッキン交換が前提ですよ。。


CIMG4832

排出されたオイルは銘柄も粘度も不明ですが割と硬めな粘度っぽいです。。


CIMG4838

異物はありません。  ほっ。

aCIMG4834

前回のオイル交換からの走行距離も不明ですが

摩耗粉の量は少なめです。 

ギヤ鳴りもギヤ抜けもなく良いコンディションのミッションを裏付けてくれてます。


CIMG4839

オイルはワコーズのレーシングスペックオイル トリプルRで

粘度は5W30をチョイス。。 

軽く回ってくれてシフトフィーリングもいいので大好きなオイルです。

もちろんSOD-1も入れます。

新処方のSOD-1は粘度がかなり柔らかくなったので低粘度のオイルとのマッチング良くなりました。


CIMG4854

HKSのエアクリもだいぶ汚れてるので・・・

CIMG4858

フィルターのカラーは信号と同じ赤、緑、黄の3種類。


CIMG4859

今回は、『注意して進め』の黄色をチョイス

エンジンルームが少し華やかになりました。

CIMG4861

タイヤに空気を入れるなら・・もうセラミックエア以外考えられませんねー。


BlogPaint

乗り心地、グリップ、直進性などすべてがグレードアップします。


CIMG4862

ここまでやって、テスト走行。。。

点火系パーツ交換で低速トルクはグーンと上がりアイドリングでクラッチミートするだけでスーッと発進できるようになりました。

30番オイルとPECSの相乗効果で軽く吹き上がり気持ちイイ

もちろんセラミックエアーも効いて足回りがしなやかに変身。




さて、今日の仕上げは 『ECUに魔法』 

CIMG4871

カーボンが溜まって圧縮が高くなりすぎてると

『魔法』 で点火時期を早めるとノッキングを起こす場合もあるので

RECSで燃焼室内の固くなって固着してるカーボンを柔らかくして燃やしてもらいます。


CIMG4873

RECSだけでもエンジンは軽く回るようになるんだから

今日はいくつもいっぺんにやりすぎだな。


CIMG4865

そして最後に ECUに魔法・・・。 

CIMG4867

点火時期の調整画面。。  

CIMG4870

魔法かけた証のシール貼って完了。。


CIMG4875

2500~4500回転位の回転のツキは激変。 パワフルに変身。。

『ECUに魔法』 効きます


CIMG4878

コレだけやると、まるで別のMINIになります。。

ちょっとしたメンテでこんなに変わってくれるMINIはやっぱり面白いな。。








にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


新・曽根号は 1.3iクーパーモンテカルロ4速MTです。


曽根です。


いきなりですが・・・・曽根号が変わりました。

92年式1000㏄メイフェアMTから 94年式 1.3iクーパーモンテカルロMTです。

いろんな思い出があります・・・・・うぅ~。

ハイレスポンスを目指してベルト駆動のファンを取っちゃった対策の『カバの口』もまだ途中だったな。。

その企画は次の新曽根号でも引き継ぐことにしよう。。

ということで気持ちを入れ替えて新生・曽根号物語の始まりでーす。


BlogPaint

ベースカーはコレ。。 少々塗装はヤレ気味ですが、しばらくはそのままです。

エンジンはノーマルです。   

CIMG3833

モンテカルロなんで赤白のシートです。

また、少しづつ弄っていきます。


CIMG3826

センターメーターのオドメーターは79999㎞で止まったまま・・・

メーター交換だし実走行は不明ですが10万kmオーバーくらいかなって感じ。

ミッションのギヤ鳴り、抜けはなく、しばらくはミッションは大丈夫そうです。


CIMG3829

エンジンは異音やイヤな振動もなく快調な感じ。。

ただ、アイドリングが2000回転は高すぎです(笑)

まず、このアイドリングは直さないとね。


今日は 新・曽根号になって初めてのスタッフミニディ、


CIMG3836

メンテのスタートは定番の水路洗浄からです。

BlogPaint

洗浄はラジエターフラッシュいれてエンジン回すだけだけど

水温が上がる間にスリーチェックするのだ。。

CIMG3855

エアクリーナーの横にあるヒーターコックはノーマルのままでした。

ホースとのジョイント部がボキッと折れちゃう前に信頼の国産代用品に後で替えよう。


BlogPaint

ちょっと早めだったけど84℃あたりからサーモが開きだしました。

開弁量も大丈夫でした。

CIMG3844

そのまま水温上昇させて水温センサーとラジエターに挿した温度計はほぼ同じ。

水温センサーの温度精度も良好でした。


CIMG3845

温度は上がるーよ、どーこま~でもぉ~♪

CIMG3846

でも、電動ファンは回る気配なし。。

CIMG3848

左フェンダーの隙間からラジエターを非接触温度計で測ると・・

わぉ~ 106℃。  

CIMG3849

その時の室内の水温計は真ん中よりちょっとだけ右。

この水温計は真ん中まできたら要注意


CIMG5589

ラジエターの下に付いてるファンスイッチを導通させたらファンは回ったので

後ほどファンスイッチ交換します。

CIMG3851

しばらく洗浄してなかったようですね。 冷却水も臭かったから

やっぱり水路洗浄からやって正解。。

BlogPaint

順回転だけじゃダメ

水路洗浄の極意は逆流にあり・・・




CIMG3860

右がラジエターの逆流

左はヒーターコアからの逆流水。。

ヒーターコアからは長年詰まってた汚れが出ました。


BlogPaint

ダメだった電動ファンスイッチ。新旧交代。。

CIMG3869

ヒーターバルブも新旧交代。。

右はトヨタ車用の流用。。 動きもいいし信頼性抜群。

BlogPaint

クーラント と クーラントブースター入れて・・

CIMG3880

電動ファンが回るのを確認して水路洗浄完了。。

あー、スッキリしたぁ~





そいでもって、今朝のアイドリング激高の修理です。。

CIMG3885

ECUにエラーはなくアイドリングを下げようとしているので

まずはステッパーモーターの機械的故障の可能性ありです。

CIMG3883

ECUやハーネスに原因がある場合もありますがステッパーモーター交換してダメなら次に進もう。。


CIMG3884

下のがおそらく主犯のステッパーモーターね。。


上のセットは例の『お尻ペンペン』のスロポジセンサー。

インジェクション車に乗ったらこれは替えようと思ってからね。。早速替えちゃいます。

アクセル開度に応じてエンジン回転が滑らかにスムーズになって運転が楽しくなるのですよ。



CIMG3886

まずはステッパーモーター

CIMG3887

ケース内に水が進入した形跡あり。。

CIMG3891

新旧交代・・ 見た目はあまり変わりません(笑)


CIMG3896

お尻ペンペン も交換しちゃいましたよ。。

実はこっちの方が楽しみです。


BlogPaint

しかし、お尻ペンペン取付直後は アイドル認識しないことも多く

しばらく学習時間が必要です。

CIMG3902

でも、待ちきれないので。

BlogPaint

ECUをフルリセット。

生まれた時から『お尻ペンペン』が付いてたと思いこませちゃう作戦!

CIMG3907

ミニモニのマルチ画面。。

左上から 1386回転 ・・アイドル高いな。。  I ・・アイドリングは認識しました

C・・燃調の2次補正は正常に作動中   0.56V・・・・お尻ペンペンの電圧  
.
0 ・・・ ステップ値ゼロ これはイケません。これ以上アイドリング下げられないって悲鳴上げてます。



ステップ値を調整しました。

CIMG3918

右下のステップ値63になって、アイドリングも正常になりました



CIMG3921

試運転。。

CIMG3922

お尻ペンペン効果 イイね。

アクセルワークに敏感に反応して そして超スムーズ。。

もちろん、アイドリング高止まりもバッチリ直って快調です。




新・曽根号の本日最後のミッション。。

CIMG3881

八王子ナンバーに登録です。

CIMG3923

所有者が変わることを『移転登録』っていいます。


CIMG3924

本日の閉店時間ギリギリだったんで陸運局はすいてました。

CIMG3927

ポチっと封印してもらって

CIMG3928

登録完了。。

やっぱり希望ナンバーは 『・・32』 にしちゃいました。


CIMG3960

名義変更も終わって、今日から新・曽根号物語はじまりました。。

まだまだ、整備するところがたくさん残ってます。。

しばらくは通常整備ネタになりそうです。






にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002


ブログ村ランキング
バナーをクリックして下さい。
応援宜しくお願い致します。m(__)m
にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村 MINI(ミニ)へ
セラミックスエアー
なぜだか上手く言えないけど、 なんか違う。 施工料:2,000円(税別)
こわれない安心オートマ
格安の陸送料で
安心オートマは全国OK!
安心オートマらくらく便
らくらく便のHPへ


らくらく便でhappyになった
MINIオーナーの記事




「安心オートマ」のHPへ


安心オートマに交換一式
498,000円(税別)
3年または3万km保証付き
※工賃込み。エンジン側の親子メタル交換・オイル・エアコンガス含む。
※保証適用には条件があります。
フリーダイヤル・お問い合わせフォーム
気軽にご相談下さい。

安心オートマの
ブログ関連記事へ


安心オートマの作業レポート
PECS絶賛発売中
効果を実感できる
磁力型オイルフィルター


画像をクリックすると
オンラインショップに移動します。

MT用PECS 96年式まで
MT用96年式まで
23,800円(税別)

MT用PECS 97年式以降
MT用97年式以降
23,800円(税別)

AT用PECS
AT用PECS
29,800円(税別)

AT用PECS コア増し大容量
AT用PECS コア増し大容量
36,800円(税別)

記事検索
店舗案内

キャメルのHPに移動します。


オートマ車は
安心オートマ」標準搭載!
オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ 合計金額30,000円以上で送料無料 このバナーをクリック
整備進行中のブログ(^^♪
カテゴリー一覧
トップに
戻る