風邪をひかないように温かくしましょう。。。ムナカタです。



MNK_8633

前回は、鈑金修理に振動に魔法だったOKN様。
今回は、水路洗浄とECUに魔法の上級魔法ついでにRECSの施工です。


MNK_8656

いつもピカピカなミニです。


AZM_6571
SQOR5582

まずは、電気の匠にETCの取り付けをしてもらいます。


MNK_8664

続いて、水路洗浄を行います。


MNK_8665

冷却水は、少し汚れています。


MNK_8668

ラジエーター洗浄剤を入れて、各種点検をしていきます。


MNK_8672

ヒーターコアには、過去に漏れた形跡があります。


MNK_8673

ヒーターバルブの動きは、良好です。


MNK_8675

サーモは、閉じが悪くラジエーターと水温センサー側の温度がサーモの
開弁温度まで上がっていないのに同じ温度になってしまっています。


MNK_8678
MNK_8679

78度でサーモが全開になりました。
開くのが早いです。


MNK_8687

高温域での水温センサーの精度は、4度なのでOKです。許容範囲です。

本来は水温センサー(ミニモニ温度)の方が高くなくてはいけません。

キャメルではこの誤差の範囲を5度としています・・。


MNK_8708
MNK_8708
MNK_8709
MNK_8705

続いて、電動ファンは99度でONになりました。
その後、87度でOFFになりました。
こちらは、作動温度が少し高いですがきっちり下がっているのでOKです。


MNK_8712

続いて、冷却水はやはり少し汚れていました。


MNK_8716

ラジエーター・ヒーターコアもすすぎました。
どちらも残ってた汚れは少なめです。


MNK_8725

ラジエーターのコアは、錆が見えます。
過去にはだいぶ錆が多かった期間があると思われます
今後詰まる前に交換お勧めです。


MNK_8717

そして、今回サーモの動きが悪かったので交換していきます。
外してみると、閉じ切っていないのがわかります。


MNK_8721

新旧交代。


MNK_8720

ボルトもかなり錆びついていたので、ステンレス製のものに交換します。


MNK_8723

パッキンも交換しておきます。


MNK_8727
MNK_8728

取り付けたら、クーラントブースターとLLCを入れていきます。


MNK_8729

エンジンをかけて、水路のエアー抜きとサーモの動作チェック行います。


MNK_8731

サーモの閉じは、良好です。


MNK_8732
MNK_8738

87度で全開になりました。
サーモの動作は、良好です。


MNK_8764

その後に、リキテックを入れて水路洗浄は完了です。


MNK_8742

続いては、以前にECUに魔法をかけていたOKN様。
現在、Tune_timingは2.5です。
今回は、上級魔法をかけていきます。


MNK_8745

Tune_timing4.5に変更しました。
これでより一層変化を感じることができます!


SQOR5614

今話題のリチウムイオンバッテリーは魅力的です。
しかし、カントリーはバッテリーサイズが違うので背の低い
リチウムイオンバッテリーが出るのを待ちましょう(´;ω;`)


MNK_8746

続いて、メッキモールのつなぎの部分をしっかりとボディーとつなげておきます。


MNK_8757

ドアのヒンジの部分も潤滑して、滑りをよくしておきます。


MNK_8740

最後に、RECSの施工も行います。
詳しくはこちらをチェックしてみてください(^▽^)/


MNK_8758
MNK_8759
MNK_8760
MNK_8761

その後、灯火チェックOKです。


MNK_8762

オイルもOKです。


MNK_8768

その後、納車になりました。
今回、窒素セラミックエアーの充填を忘れてしまいました。すいません。
今回もご利用ありがとうございました。
またのご来店お待ちしております。

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

友だち追加
LINE限定のおトクなミニの情報などを配信してます♪


ツイッターからブログ記事の更新など分かりやすいですよ♪

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます



 
ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002