そろそろ梅雨明ける?もうそろそろもけさんも戻ってくる・・・予定なので(笑) 石川です(´ω`*)b


前回水難の相でレッカー入庫だったNOI様。


ISK_0993


「車検の季節が来たぜっ♪」
粋なシャツですね♪


ISK_0998
ISK_0999


車検と言えば最低地上高ですが・・・余裕でクリアヾ(*´∀`*)ノ


ISK_1002


エンジンルームは。。。
一番目立つエアクリ―ナーは今回HKSに交代です♪


ISK_1003
ISK_1004


オイル量ok。
ガソリン臭は中くらいです。


ISK_1005


ブレーキフルード量okですが・・・


ISK_1006


クラッチの方はフルード減っています。
どこかで漏れていますね。。。


ISK_1007


エンジンの振れは・・・・大きすぎ(;´・ω・)


ISK_1008
ISK_1009


ステディーロッドブッシュがおかしな事になっています。。。
これでは試乗チェックしても仕方がないのでこのままピットでチェック続けます。


ISK_1010


以前より雨が降ると具合が悪いと言い続けてきましたが(笑)
今回は怪しい点火系を一新します(`・ω・´)ゞ


ISK_1011


ベルトは前回交換したばかりなのでばっちりですね(´ω`*)b


ISK_1012


メインリレーはブラケットでしっかり留めておきたいですね。


ISK_1013


ヒューズ周りも綺麗にしたいところです。


ISK_1016


ワイパーは動きますがウォッシャーが出ません。
一応検査項目なので後で原因追及&修理します。


ISK_1017


ホーンok


ISK_1018
ISK_1020


クラッチペダルの上の方。
キラキラシャフトが濡れています。

クラッチマスターは漏れ確定ですね。


ISK_1024
ISK_1026
ISK_1027


「最近ヘッドライトが暗いのよね~」
暗いって言うか点いていません(;´・ω・)


ISK_1029


お見積りに漏れてしまいましたがマーカーレンズもこれだけ色が落ちちゃうとNGですね・・・
交換します。


ISK_1032


ヘッドライトはリフレクターが焼けてもうダメですね。
左はスリーポイントがツーポイントになっていますし今回は丸ごと交換します。

これで闇夜もお目目パッチリです(◎o◎)b


ISK_1034
ISK_1035
ISK_1036


排気系は大丈夫ですね。


ISK_1038


燃料フィルターは前回交換しているので今回はスルーしましょう。


ISK_1040


タイヤはもうダメ。
危なくて乗れません。


ISK_1044


ブレーキはもうそろそろ交換の予定を立てても良いかしら?


ISK_1045


クラッチレリーズはブーツが切れています。
マスター交換するタイミングでこちらも交換しましょう。


ISK_1046


Pバルブにフルードの滲みはありませんでした。


ISK_1047
ISK_1048


ロアアーム・テンションロッドブッシュにクラックあります。
見ちゃうと交換したくなります。


ISK_1049


それより・・・サブフレームマウント付近のボディーにクラックが入っています。
これは補強したいですね。。


ISK_1057


「これヤバいよね?」
これ位だとすぐにどうにかなる訳ではないとは思いますが力のかかる所なので補強はした方が良いですね。


ISK_1051


トランクオープン。


ISK_1052


スペアタイヤも一緒に効交換しましょう。


ISK_1053


バッテリーはどうでしょう?


ISK_1054
ISK_1055
ISK_1056


良いですね~(´ω`*)


ISK_1058


今回の作戦が決まりました。
「んじゃーうちの子頼むぜ」

作業完了までしばらくお待ちください(`・ω・´)ゞ


ヽ(*´ω`*)  7/ 5 石川の追記です。 (*´ω`*)ノ


ISK_1296


タイヤマン登場♪
「これ履いて今年の夏はFSWですね!」


7月7日追記

今日は水路洗浄&スリーチェックを行います。。。。

SQOR0249

ラジエターの冷却水を測る温度計・・・・

SQOR0250

道具入れのバケツの中の温度が42℃!!!

今年はもっともっと暑くなる予感。。

SQOR0241


SQOR0247

キャップを開けると数センチ水面が下がってました。。。

リザーブタンクへのホースかタンクが漏れてる可能性ありますが、この状態から水が減らなければ良いです。。

SQOR0248

ラジエターフラッシュ入れてエンジン始動で洗浄開始


SQOR0243

水温上昇するまでの間に室内のヒーターコアの漏れチェック


SQOR0245

漏れはありませんでした


SQOR0246

ヒーターコアの洗浄ができるようにバルブを開けておきます


SQOR0252

水温センサーの温度を見ようしたら・・・クランク角センサーにフォルト。。。

SQOR0253

一旦リセットして・・

SQOR0254

フォルトは消しておきます。

雨が降りそうな日にストールする病が前からあるとのことですが・・クランク角センサーも原因の候補に入れておきましょう。。


SQOR0255

水温センサーの温度にラジエターが追従していってるようです・・

サーモスタットの密閉は良くないです・・

SQOR0256

密閉が悪いというより・・すでに開いてしまってますね。

SQOR0257

サーモスタットが開いてるので水温センサー71℃の時ラジエターが67℃・・ってことですね

水温センサーの温度精度は+4℃で良好です

SQOR0260

水温センサー93℃、ラジエター温度89℃です。。

下から沸いてしまうのはサーモスタットの開弁量が不足しています。。

サーモスタットは交換が必要です

SQOR0263

その時電動ファンが回り始めました。。

SQOR0264

水温センサー93℃ですが室内の水温計は72℃くらいを指してます・・・

20℃くらいの開きがあるので要注意です


SQOR0265

1℃下がったところで・・

SQOR0266

電動ファンストップ。。。

停止してのテストなので実走行とは違います・・・

実際には92℃以上で回り続けるので大丈夫でしょう。


SQOR0272

濯ぎなら排水。。。

2年前の車検でも洗浄してるので錆びは少ないですね。。。

鉄エンジンなのでこのように定期的に水路メンテナン続けるのが良いですね。

SQOR0273

ラジエター口から逆流で吸い出します。

SQOR0274

次にヒーターコアも逆流で吸い上げます。。

こうして滞留しやすいところから吸い上げることで綺麗になります

SQOR0276

両方ともに錆びは少なく良好でした。

ではサーモスタットを交換します・・・

7/7アズマ追記です

AZM_0514

サーモスタッドを交換します。

AZM_0515

サーモスタッドを交換するためサーモハウジングを取り外し。

AZM_0516
AZM_0517

サーモの状態を確認すると、、、

開いてしまっていました。

AZM_0519

新しいサーモスタッドに交換します。

AZM_0521

新しいサーモスタッドを組み込みました。

AZM_0541
AZM_0542

LLCと水路保護のためのクーラントブースターを投入。

AZM_0550

水に魔法のリキテックを投入しました。

AZM_0544

交換したサーモスタットの動作を確認します。

AZM_0546

エンジン側の水温センサーとラジエーターに入れた水温計にしっかりと差があります。サーモスタッドはしっかりと閉じています。

AZM_0548
AZM_0551

しばらくしてラジエーターに勢いよくクーラントが流れ込んできました。このときの温度は88度です。開弁も問題ありませんね。

7/15アズマ追記です

AZM_0920

シートベルトを交換します。

AZM_0921

シートベルトを取り外し。

AZM_0923

同じ取付穴を利用し新しいシートベルトを装着しました。

AZM_0924
AZM_0925

リバースランプはトランク内の配線を触ったら点灯しました。
ギボシ部分の接点不良のようです。

AZM_0926
AZM_0929

新しいギボシに交換し接続。

AZM_0927

点灯OKです。

AZM_0933

ウオッシャーも点検します。

AZM_0930
AZM_0931

タンクを外すと穴がありここからウオッシャー液が漏れていました。
ウオッシャー液がカラだったのでウオッシャーが出ていない様子でした。

AZM_0935

ウオッシャー液を補充ししっかりと出るようになりました。

7/16アズマ追記です

AZM_0941

フロントブレーキをエアブローしてお掃除

AZM_0942

リアブレーキはホイールシリンダーをホーニングしてお掃除。

AZM_0943

新しいカップキットは今回も高品質な国産品のカップに交換します

AZM_0944

新しいカップキットに交換しました。

AZM_0950
AZM_0949

作業中にマフラーのステーが折れているのを発見。

AZM_0952
AZM_0954

新しいステーに交換しておきました。

AZM_0961

オイル交換のためオイルを抜いていきます。抜いたオイルの色は濃褐色でした。

AZM_0963

茶こしの異物はありませんでした。

AZM_0964

ドレンボルトの鉄粉料は多めですね。

AZM_0967

鉄粉が多めなのでPECSを点検します。

AZM_0968

PECSの鉄粉量は中くらい。取付から約5000kmなので多めな印象です。
次回PECS点検は1万kmほど走行後点検を行いましょう。

AZM_0969
AZM_0970

お掃除とガスケット類の交換を行いました。

AZM_1001

オイルを入れていきます。今回入れたオイルはプロステージSと万能添加剤のSOD-1です。

AZM_0978

ステディロッドブッシュを交換します。

AZM_0979

割れているエンジン側のブッシュのボルトを外したところ先端が折れていました。

AZM_0980

ステディロッドを取り外し。

AZM_0992
AZM_0993

新しいブッシュに打ち替えました

AZM_0997

再びステディロッドをつけようとしたところボルトが折れてしまいました。

AZM_0998

エンジン側に折れた部分が埋まってしまっています。

AZM_0999

どうにかして折れた部分を取り出しました。

AZM_1000

新しいボルトに交換しステディロッドを装着しました。

7/21アズマ追記です

AZM_1201

点火系を交換します。

AZM_1202

コイルを取り外し。

AZM_1204

プラグチェック。焼け方は悪くなさそうです。

AZM_1205

プラグコードとディストリビューターキャップを取り外し

AZM_1207

コイル、プラグコード、ディストリビューターキャップ、プラグを交換します。

AZM_1208

新しいデストリビューターキャップを装着。

AZM_1209
AZM_1210

プラグは電極の先端が開いている方をバルブ側に向けるインデクシングを行い装着しました。

AZM_1211
AZM_1214

エアフィルターも交換。

AZM_1213

プラグコードを装着し点火系の交換完了です。

AZM_1216

ヘッドライト光量アップのためリレーを装着しました。

AZM_1218
AZM_1220

ヘッドランプも交換しました。

AZM_1221
AZM_1222

左側のヘッドライトカプラーは焼けていたので打ち替えておきました。

つづく。


にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
キャメルはブログランキング参加しています

友だち追加
LINE限定のおトクなミニの情報などを配信してます♪


ツイッターからブログ記事の更新など分かりやすいですよ♪

キャメルオート オンラインショップ
キャメルオート オンラインショップ
PECSや売れ筋パーツ販売してます




ローバーミニ専門店 キャメルオート
          http://camel-auto.co.jp/ TEL.0120-810-002